幸せなパートナーシップ・「夢」を応援しあう

昨日、久しぶりにダンナを不機嫌にさせちゃいました。それはダンナが昔から言っていた彼のバケットリスト(やりたいことリスト)をすかっり忘れていたからです。

ダンナは細かく「やりたいことリスト」や「夢」「ビジョン」を設定していて、短期的な夢はもちろんのコト、20年後までのやりたい事リストがあるのです。そういうのがハッキリしているんですね。結構な数のやりたいことリストがあって、その中でも優先順位が高い方をすっかり覚えていなくて忘れてしまっていたんですね。でも言い訳させてください。そのやりたいコトは8年後までに達成したい事だったので忘れてしまっていました。

ただ、ダンナの夢を応援したいと思っているはずなのに忘れてしまっては応援していることにはならないですね。凄く反省しました。

ダンナのやりたいコトリストが多いので、これからはこっそりメモっておこうと思います。

 

. dream

 

夫婦でお互いのビジョンを共有していたり、応援しあえていると絆は深くなる

お付き合いしている期間や結婚生活を続けていると実感するのは、夫婦でお互いのビジョンや夢を共有していると、信頼度が増したり、理解されている感覚が深くなったりして絆は深くなっていきます。

そしてお互いがお互いの夢を応援していると「夢」が叶いやすくなりますね。応援しあうことで自信がつき、チャンレンジする怖れが少なくなるからです。

 

 

まずはパートナーの夢を聞く、共有する

パートナーとお互いの短期的な夢と長期的な夢を知っておくと、お互いにサポートするのにも凄く役にたちます。パートナーの夢が叶うように応援し、応援されるのです。時に自信を失っているならどんどん褒めて、褒められて、自信を失った時には、パートナーの応援で自信を回復し、時に夢から遠回りをしそうな時は、夢への道しるべにパートナーがなってくれたりします。

なぁんて言っている私は昨日もヘマをしてしまい、まだまだなので、今度はパートナーの夢をこっそりメモしておきます。

ちなみに私のダンナは私の夢を応援するのがとても得意なんですね。私に自信をつけさえるのがとても上手なのです。私のダンナが私にしているように、もっとダンナを応援していきたいな~~!

 

読者のみなさまの相談を受け付けています。メール:ogiharakaoruあっとgmail.com またはコメント欄からお送りください。

「ごめんなさい」のもつパワー

結婚して1年たちますが、私のダンナをいろんな意味で凄いな~~と思います。今日はダンナさんから学んだ素直に謝ることの大切さをシェアします。

私たち夫婦はたぶんに人から見ても未だにラブラブ夫婦ですが喧嘩も激しいのです。どこでもいつでも喧嘩がはじまったら言いたいコトは我慢せずに喧嘩するようにしています。が、仲直りもマッハの早さです。

マッハの速さの理由はダンナさんが謝ってくれるからです。ダンナさんは喧嘩が10分くらい続いてくると、頭を上に向け、空を見て(ときには天井を)深呼吸してをして謝るのです。毎回それを見るたびに凄いな~~と思います。

彼が悪くなくても謝ります。いろいろな理由をつけて謝ってくれるのです。言い過ぎてごめんね、君を悲しませてごめんね、怒らせちゃってごめんね、とかその時の状況で言葉は違うのですが謝ってくれるんですね。

「ごめんなさい」「愛している」のパワーは絶大

ダンナさんが「ごめんなさい」と言うときは必ず「愛している」とワンセットです。そして必ず最後に「頑張ろう」と言ってくれるわけです。ダンナさんがその3つの言葉を言った瞬間に心が溶け文句も言えなくなります。なんとも言えない気持ちになるのです。

絶対に謝りたくないわたし

そして私は謝ることが凄く不得意で絶対に謝りたくないタイプでした。ようやく最近は素直に「ごめんなさい」と言えるようになりました。それは「ごめんなさい」「愛している」の絶大なパワーを知ったからです。

実は謝りたくないのは自分がすごく悪者だと思っているから謝りたくないのです。自分のことを責めている人は謝ることが苦手です。わたしは正しい、と主張するのは根底に自分は悪いと思っているからなんです。

 

I'm sorry

 

 

悪くなくても自分から謝ってみよう

夫婦の仲が上手くいってない時こそ、理由なく謝ってみるといいかもしれません。何かが変わるかもしれません。自分から謝ることで、自分の気持ちもすっきりするし、相手の頑なに閉ざしている心が開いていく可能性があるからです。自分が悪くなくても、何かの理由をつけて謝ることは凄く効果あります。 それはわたしがダンナさんにやられたから凄くわかるのです。

 

あなたを理解しきれなくてごめんね、とか、気持ちに寄り添えないときがあってごめんねとか、とにかく謝るのです。そして「愛している」とワンセットで伝えてみてください。

感謝することもすごく大切ですが、謝ることも大切ですよね。

ごめんね、

ありがとう

愛してる

この3つの言葉のパワーは絶大です。

 

男性の本音・「料理を頑張るよりセックスを頑張って欲しい」

セックスレスの本をつくるために沢山の男性と女性に取材をしました。その中でとても印象に残った男性の話しを紹介しますね。

[Widget_Twitter id=”1″]

セクシーで奔放な女性に心底惚れてたけど振られてしまった。

その男性Tさんはセクシーでやんちゃで奔放な女性と付き合っていたそうですが、女性がTさんに飽きたらしく、こっぴどく振られれしまったそう。取材した時点ではその女性の事をまだ忘れられないと言っていました。

 

その後に出会ったセックスが苦手な従順で家庭的な彼女

その後、彼女が出来たのですが、奔放な前彼女と間逆で、今彼女は従順でおとなしく、家庭的。デートの度にお弁当を作ってきてくれるそうです。

でも何だかTさんは彼女のことを全く好きじゃない様子。家から30分しか離れていない彼女と会うのも週に一回だけだそう。

すでに2回ほど別れて、よりを戻しての繰り返し。

別れる理由は彼女がセックスが苦手でセックスの時にウンともスンとも感じないから。それにウンザリして漫画【ふたりH】を渡してみたり、セックスについてを話し合おうとしたりしても、彼女がセックスに積極的になれず、何も意見を言わない彼女と話し合いにもならず、改善もされず、彼女がどうして欲しいのかも分からずになんとも暖簾に腕押し状態だそう。そこでウンザリして別れるのですが、彼女から別れた後にも細かく連絡がきて、1人が寂しいTさんはよりを戻してしまうというパターンだそう。そして従順でおとなしい彼女に退屈さも感じている様子です。

 

彼女とのセックスに満足できないからセフレをつくる男性Tさん

セックスの間、ウンともスンとも反応しない、感じない彼女に不満をもったTさんは数人の人妻のセフレがいるそうです。そんなに不満なら彼女と別れて、前向きに新しい彼女を探せばいいと思うのですが。

平日の夜と日曜日の夜はセフレに会うのが忙しいので、Tさん曰く、本命の彼女とは土曜日に会うのみ。Tさんからは彼女への愛情が全く感じられません。

 

So Nice To Come Home To

 

 

取材をすすめていくと男性Tさんからびっくり発言が!

取材している間も今の彼女に全く愛情を感じられないTさん、早かれ遅かれこの2人は別れるだろうな~~と思っていたら、Tさん、彼女との「結婚を考えている」と言うじゃあありませんか! 

私:「セックスが上手くいっていなくて、愛情もあまり感じられない彼女となぜ結婚を考えているのですか?」

T:「凄く家庭的なので、結婚に向いている女性だと思うんです。お弁当も毎日作ってくれるだろうし、自分の実家とも上手やってくれると思うんです。」

私:「彼女がお弁当作らなくなったらどうします?」

T:「一時的だろから、また作ると思いますよ」

一方はセックスを軽視、一方は浮気行為を軽視。そんな結婚の先には?

今の彼女がお弁当を作らなくなることはないと信じて疑わないTさん。こういう結婚の場合はどちらも不幸になってしまいます。その彼女は自分のセックスの課題を軽視している部分が感じられます。セックスが嫌い、セックスが苦手なことを何としてでも解決するぞ、カウンセリングを受けても解決しようという意気込みも感じられません。同じくTさんは自分がなぜ浮気をしてしまうのかと向き合うことすらしていませんし、その事が問題だという風に思ってもいないようなのです。

お弁当作って家庭的なのは良いこと、でも今はそこにパワーを集中するよりも、本気でセックスの課題と向き合うべきなのです。Tさんと結婚しても、Tさんは他の女性と浮気をするだろうし、Tさんと別れて他の男性とお付き合いしても同じような問題がでてくるからです。

その後、Tさんが彼女と結婚したかどうかは分からないのですが、同じような男性の取材を続けていくうちにわかったことがありました。

「料理を頑張ってセックスがおなざりになるくらいなら、セックスを頑張ってほしい」

取材した男性が同じように言っていました。Tさんの彼女もパワーをお料理だけじゃなく、セクシャリティの分野に使う方が2人の幸せにもなるのです。料理上手な女がいいというのは一昔前の話しかもしれません。男性は女性が思うほどに女性に料理上手を求めているわけじゃないことも分かりました。

読者のみなさまの相談も受け付けています。相談はBLOGで紹介させて頂きます。BLOGで紹介してもよい相談があれば、メールかコメント欄から!ogiharakaoruあっとgmail.com

 

本当にポジティブならネガティブも受け入れられる!

最近の私は凄く心配性です。これって好きで心配性をしているわけじゃないんですね。うちのダンナは凄くポジティブで、何でも前向きに考えるです。で、私から見ると凄く自信家なんですね。

そうすると私がネガティブの位置につくわけです。どちらかというとポジティブ思考の私が家ではネガティブなんですよ。

不思議だけどカップルはこうやってバランスを取っているらしいですよね。

一方がポジティブ思考だと一方がネガティブな方を引き受けて、バランスを取り上手くいくようになっているんですって!

この考えを知ってから、凄く楽になったんですよね。ポジティブだからとか、ネガティブだからとかでジャッジしなくて良くなる。あ~~、全て必要な考え方なんだと受け入れられるわけです。

今から10年くらい前に、どエラく、ネガティブな人と付き合っていて、毎回イライラしていたんですね。で、ネガティブな考え方は悪いと裁いていたわけです。そしてそんな彼をみて自分は凄いポジティブな人だと思い込んでいたのですが..

ある日、とある講座を受けたときに、「本当にポジティブならネガティブも受け入れられる」という言葉を聞いて、ハッとしたわけです。ポジティブだと思っていた自分は彼のネガティブな部分が全く受け入れられない、イライラする、それは本当のポジティブでは無い。なぜイライラするんだろうか? そして気づいたわけです。

ネガティブな人を見てイライラするのは自分の感情のなかのネガティブが引き出されるから。

 

Yin and Yang

自分のネガティブな感情を見たくないし、彼のネガティブな感情にひっぱられたくないので、ネガティブな彼をみて、イライラしていたわけです。

で、今の結婚生活でネガティブな方を引き受けて、ネガティブもポジティブも必要だなと実感しています。

ポジティブ思考だけが良いとされているけどネガティブな思考にもメリットがある!

ネガティブ思考の良いところとポジティブ思考のよいところ!

*将来の問題や課題を見つけるのが上手

ポジティブな人は何事も良い方向に考えるので、問題を問題だと捉えない傾向があります。そして問題を見過ごす傾向もあります。そこでネガティブな人が問題を見つけ、ポジティブな人がその問題解決に向かえば最高のチームになるのです。

*慎重に考えられる

ネガティブな人は慎重に物事を考えるので、中々行動に移せないのですが、時に行動することが大切ではなく、慎重に考えることも大切。ネガティブな人が慎重に考え、その慎重な考えをポジティブな人にシェアし、ポジティブな人がネガティブな人の考えを取り入れ、行動に移すせば、慎重に考えながらも大胆さを失わないで行動できるのです。

*何かあったときに最悪でシチュエーションを想像するので、危機的状況に対処できる

ポジティブな人は何かあったときに最悪なシチュエーションで考えるのは苦手なのですが、ネガティブな人は最悪なシチュエーションになった時のことを考える方が得意です。

昔、わたしは貯金に意味を見出せない時があったんですね。私の口癖は「将来のためにお金を貯めて、明日死んだらどうするよ」でした。そしたらネガティブな私の母が「人間は明日死ぬかもしれないし、死なないかもしれないのよ。死ななかった時のための貯金も大切だし、貯金ばかりして今を楽しまないのも問題だけどね」と言ったのです。

目から鱗がおちた私はその時からバランスが取れた考え方をするようになったと思います。

ポジティブだけがいいと思われがちですが、ネガティブな考え方も生きていくうえで凄く大切なんですよね。

みなさまからのご相談メールも受け付けています。ブログで相談も掲載しても良いかた、良ければメールかコメントにお書きくださいませ。相談メールは ogiharakaoruあっとgmail.com

 

住宅を購入する事が本当に家族の幸せなのか?

 

 

去年に埼玉でマンション一棟経営をする叔母から電話がかかってきた。大手工務店に管理を全部お願いしているだけど、周辺などの空き室率が高いから家賃を下げた方がいいと言われたそう。それで心配になって叔母から電話がかかってきたんだけど、私も残念ながら同じ意見で家賃を下げた方がいいと言って電話をきった。可哀想な叔母さん、大手工務店にあの手、この手で営業されて一棟建ててしまったのが4年前。まだローンが終わらないうちに家賃を下げる案がでてしまい、叔母は混乱していた。

日本の住宅がなぜ住むば住むほど、価格が下がっていくのかがよく分からないけど、アメリカの幼馴染やイギリスの友人から聞く話だと購入した価格、またはそれよりも高額で再度売る前提で購入するので、中古で購入することがとても多いよう。で、その家を自分たちでリフォームして住むのよね。実際に私が2011年にシカゴの友人を訪ねた時は壁をぶち抜いている途中でびっくりした。でもそれが米国では普通。中古を買って家族でリフォームする。業者にも頼まない。簡単にリフォームできる道具が揃っている大型ストアも多い。私のダンナもラスベガスに家を持っているけど、購入したのは20代、それも中古でリフォームは自分でしたらしい。今は人に貸していて充分に採算は取れている。

日経ビジネスのサイトをみつけてしまった。

Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う?

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021800009/021900002/

 

私、ずーーーーーっと不思議でならなかったんだよね。日本人って家を買えば人生は安泰という思い込みがはびこっているようで、家の価値以上の大金で何十年ローンと支払うのだけど、固定資産税や転売するときにかけられる税などを計算して転売しても採算取れないんじゃないかと思う。

確かに人口が増加していた1970年代とかなら家を購入しても、購入した金額以上で転売できたと思うのだけど2000年以降は確実に空き室の方が高く、これから超高齢化社会で人口が減少していくのに、移民受け入れには反対だとすると、空き室率はさらに高くなると思う。そうなると住む人が供給される家よりも少ないので、どこかで家の価格はどんどん落ちていくのだと思うの。オリンピックをすぎた当たりから家の価格は下がると思っている。

 

確かに私も昔はあったよ。自分の家が欲しいという時が。でもしっかり計算してみたら家を購入するのと賃貸の価格は全く一緒だった。それどころは不確かなこの時代、家を転売できる確約がないならローンなしで生きる方がリスクを回避できるので、柔軟に生きられる=幸せという結論がでてしまいやめた。

 

20代前半で家を購入するなら採算は取れると思うけど、それも確実に人口は減少せずに増加するという場所限定だけどね。

それでも家を購入したいと思う人が一定数いるのが不思議。【持ち家】という言葉に何かの思い込みがくっついてんだと思うんだよね。

Provisional nature of houses

 

家に対する私たちの思い込み

*温かい家庭を継続できる

*安定した人生をおくれる

*幸せな家庭を維持できる

*家族団欒がつづく

*仲のよい親子でいれる

*仲のよい夫婦でいれる

こう並べてみると、実は欲しいのは家ではなくて、

幸せな夫婦、幸せな親子、幸せな家族、安定した人生なのでは? 家を買ってもあなたの家族はなにも変わらない。安定した人生が送れる保障を得られるわけでもない。

家を購入する前にもう一度考えてみると、欲しいのは家ではなく、幸せな家庭だったりする。

家を購入する前に、家に対する思い込みを手放すとこからはじめた方がいい。そして資産として購入する価値があるのか再度検討した方がいいかも。

幸せな家庭が欲しくて家を購入するくらいなら、良いマネーカウンセラーに一度相談した方がいいと思う。家を買うことには迷いが無いのに、カウンセリングを受けることにはお金を使わないなんて馬鹿げていると思う。

実は身の丈にあわないで家を購入して借金を背負いホームレスになった人は少なくない。

 

「家なのだから住み続けるうちに価値が下がるのは当然だ」と、この慣例を受け入れている日本人は多い。だが、待ってほしい。「住宅は資産」と言うが、メンテナンス状況が正当に評価されず、価値が維持されないような商品を本当に「資産」と呼べるのだろうか。それは単なる「消費財」に過ぎないのではないか――。 日経ビジネスより

もしそれでも家を購入するなら、慎重に流れを見極めて場所を見極めて購入すればいい。私は日本では家は買わないと決めているけどね!

お金の相談、家の購入、そして家族、夫婦関係も相談できるマネーセラピストさん http://ameblo.jp/moneytherapy/

「手放せば転機が訪れる」講演会から学ぶこと。

どうしてだろう?周りの人を見渡しても共同体としての夫婦は機能しているけど、夫婦として幸せそうな人はほとんどいない。セックスなんてしてない夫婦が当たり前。そんな結婚生活なら絶対に嫌だ。妥協なんてしたくない。そう思って夫婦関係が健全な人を探しつづけた。一通りカウンセリングジプシーをして出会ったのが栗原弘美さんの講義だった。そこから私の人生は一気に変わった。見方も変わった。今や私の周りで男女関係で幸せでいつづけて人たちは弘美さんから講義を受けた人だけだ。それ以外で周りで結婚生活が健全でセックスも楽しんでいる人なんてほとんどいない。

幸せな結婚生活を維持するのは秘訣があることを知らなかった。誰からも教わっていないのに、幸せな結婚は自分ひとりで維持できると思い込んでいた。

 

先日、久しぶりに弘美さんの講演会に行ってきた。たった1時間半の講演だったけど内容がかなり深かった。

講演を聞いていて、あ~、本当に弘美さんに出会ってよかったと実感した。だって幸せな結婚を体現して教えてくれる人なんてほぼいなかった。そして三角関係についても具体的に話してくれる人なんていなかった。なぜ幸せな結婚生活が送れないのか?それはオリジナルの家族が機能不全(機能不全家族wiki)だったからと、自分の体験を踏まえて話してくれる弘美さん。

 

IMG_20160213_153730

 

昔の私なんて幸せな夫婦なんてあまり見たこと無いのに、その方法も誰からも教わってもいないのに、なぜか漠然と幸せな家庭がつくれると思い込んでいたよ。で、誰にも教わっていないから、すぐに仮面夫婦になって離婚したよ。

幸せな結婚をしたいなら師を持つこと

そこから私は弘美さんにたどりついた。幸せを諦めたくなかったから!

そしてダンナと今月で結婚一年目、一緒にいる時はほぼ毎日セックスした。幸せな結婚生活について教わったから、今、すごく幸せ。 もしかしたらこれから課題がでてくるかもしれないけど私には師がいるから大丈夫という安心感がある。昔と違って1人で悩みを抱えることを手放したから。

 

実はほとんどの人の家族が機能不全家族(機能不全家族wIkI)なんじゃないかと思っている。健全で成熟している家族の方が凄く少ないのに関わらず、私たちは家族の課題と向き合わずに、何となく大人になり結婚してしまい表れ方は違うけども、結局は機能不全な家族を創ってしまうのだと思う。結婚生活が上手くいかなくなっても、自分のオリジナルの家族と向き合うことなく、浮気に走るか、ハードワークに走るか、離婚するかが一番多いパターンだと思う。

自分の両親との間の未完了な感情を手放す、自分のパターンを手放す、そこから転機は訪れる。それは私が実際に体験したこと

オリジナルの家族のことに本気で取り組むのにはガッツがいる。自分の人生を振り返り小さなトラウマを癒していく作業は簡単なことじゃない。それでも未完了の感情を手放して、自分の最悪なパターンを手放して、癒しに取り組んだ先には幸せがある。それを選択した人生の先輩たち(弘美さんとその弟子たち)を見ていると本気で取り組もうと思えた。なぜなら人生の先輩たちの結婚生活がすごく幸せだったから。

相互依存のコンセプトを知っているのと知らないのとでは人生が全く違う

講演会が終わったあとに幸せな結婚をしている友人たちと「相互依存のコンセプトを知っていて本当に良かったよね」と言い合った。これこそ学校の授業で教えるべきことだと本気で思っている。

 

 

相互依存ってなに?デッドゾーンってなに? そんな難しいこと、私じゃあ教えられない。とって~~も簡単に説明すると相互依存にいくために大切なことは自立を手放すコト。コントロールや競争や色んなモノを手放すこと。そうするとその先に相互依存がある。自立が良いと教えられてきた私には”自立を手放せ”なんて衝撃だったよ。

 

 

自立を手放せば、その先には素敵な世界が待っている!私は今それを凄く体験しているのです。自立を手放して感情を感じて、未完了な感情までも手放せて本当に良かった。まだまだ自立を完全に手放したわけじゃない、だからこれからも色んないらないモノを手放し続けたい。

  「手放せば転機が訪れる」絶賛発売中です。 栗原弘美さんのブログはこちらから

VIva離婚!女友達が今月に離婚をきめました。

このブログは友人の承諾を得て書いています。 私の友達(女性・外国人)が3ヶ月前から別居をはじめ離婚をきめました。

離婚は円満離婚で何のトラブルもありませんでした。今でも彼女は元ダンナさんと良いお友達です。

彼女が今のダンナさんに出会ったのは大学生の頃なので40代後半の彼女と彼はお付き合いも含め20年ほど一緒にいたことになります。長い間2人はセックスレス、そしてダンナさんが彼女と時間を共有しないことが理由でした。

 

別居を決めるまで2年半、彼女は苦しみました。

2人はまだ結婚する前に同じ会社に入社しますが、彼女は会社を1年後にやめ、その後、紆余曲折あって起業します。彼女は都会を離れ自然のある地方で宿の経営をはじめます。その宿はすぐに人気になり、宿はホテルになるまでに成長しました。1ヵ月の半分はダンナの住んでる家に帰り、残り半分はそのホテルの仕事のために地方に住みます。

もしかしたら遠距離結婚をダンナさんはよく思ってなかったかもしれません。でもダンナさんの方からは全くその事について言われたことは無かったそうです。

結婚後ほんの数年で彼女とダンナさんのセックスは上手くいかなくなりました。

彼女が行ったり来たりして4年くらいして、ダンナさんの様子が変なことに気づきます。帰りは遅くなり、土日も出勤し、いつも携帯ばかり見るようになります。間もなくダンナさんのLINEで他の女性とのやりとりを見て、ダンナさんがその女性と関係を持っていることを知ります。傷ついた彼女は家をでて友達の家などに泊まるのですが、ダンナさんの必死の謝罪を受け入れてよりを戻します。

遠距離生活をする前にすでにセックスはありませんでした。

結婚後ほんの数年で彼女とダンナさんのセックスは上手くいかなくなりました。ダンナさんがセックスの途中で駄目になり、その後、ダンナさんは「性欲がない」「疲れていてその気にならない」といい続け、彼女とのセックスを断り続けたのです。だからその女性とは肉体関係を持っていたことが一番ショックだったと彼女は言います。 ダンナさんの必死の説得でよりが戻ったのに、ダンナさんは9時以降に家に帰り、家に帰ってもパソコンの前に深夜まで座りつづけ、土日も仕事だと言い、彼女と時間を共有しない生活が続きました。

その間もちろん2人の間にセックスはありません。その時点で2人の間にセックスがなくなって約8年くらいになります。そんな生活が2年続き彼女は葛藤し、何度もダンナさんと話し合いますが、ダンナさんが向きあおうとしてくれませんでした。そんな関係に疲れ、数ヶ月の話し合いで今月に離婚しました。

彼女はとても美しく離婚を決める間にも2人の男性から告白をされるくらいです。私は彼女の離婚の報告を聞いてとても嬉しかったです。離婚を決めた彼女とインターネットビデオ電話で話したのですが彼女の顔は凄く晴れやかでさらに美しくなっていました。 

人生を心身共に共有してくれる人、しっかり何かあったら向き合ってくれる人と一緒になりたいから離婚を決めたと言っていました。幸せに向かう決意ができた彼女の顔はすごく美しくなっていました。少し影があり暗く悩んでいた時の顔とは別人のようでした。

向き合うことが一番たいせつ。でも相手が全く向きあわなかったら?

もっと踏み込んでダンナさんが彼女への不満を伝えたり、本音を言っていたら、事態はもっと変わっていたのかな?とも思いますが、そのダンナさんは彼女と向き合うよりも、いつも逃げることを選んでいたので仕方ありません。1人相撲に使う時間は長すぎました

離婚を決めた彼女は誠実にダンナさんに全ての気持ちを話しました。時に話し合いに応じないダンナさんに手紙を書いたこともあったそうです。彼女の誠実なガッツで2ヶ月かけて円満に別れたのです。彼女のガッツは本当に凄い。

彼女もそのダンナさんもその国の名門法学部出身のエリートで、世間体を気にして離婚に踏み切れなかった部分もあったようです。

happy-woman

結婚という制度(=世間体)にとらわれて向き合わない人もいる。

彼女がいくら向き合って欲しいと頑張ってもダンナさんは全く向き合いませんでした。だからいつか向き合ってくれるという期待や数年におよぶ我慢は無駄な場合もあるのです。

不思議ですが離婚を決めた後に彼女のダンナさんは転職を決意したそうです。今の職場はかなりのハードワークなので、もっとゆとりのあるプライベートをおくりたいと思ったそう。彼女がまだダンナさんと一緒にいたいと希望を抱いていた時には、何度もダンナさんにハードワークのことを訴えていたのに.ダンナさん彼女に時間を創ることもなかったのにです。

私も離婚をしましたが、本当にあの時に離婚してよかったと思っています。 気持ちが無いのに仮面夫婦を続けることほど辛いことはありません。

私にとっては彼女は凄く大切な友達なので、彼女が新たな人生を選んだことはおめでたいことだと思っています。

彼女はビジネスもかなり軌道にのっています。彼女が幸せに妥協することなく、彼女が求める幸せへ突き進んでいく姿を見て頼もしくも感じています。 離婚は決してネガティブなことではありません。次のステップに進むだけのプロセスなだけです。 VIva離婚!VIva第2の人生!

読者の皆様の相談をうけつけています。コメント欄に書いてもいいですし、メールでも受け付けています。

ogiharakaoruあっとgmail.comまで!

 

男性がアナタに性的魅力を感じない理由②

今から10年ほど前にバリに旅行したガイドさん(バリ人)と夫婦生活の話しになり(なぜか私は職業を言わなくても、みんなそういう話しをしてくれるんですね)ガイドさんちは子供が2人、結婚生活14年目で妻はガイドさんと性行為をしたいのだけど、ガイドさんはしたくないと言うのです。

[Widget_Twitter id=”1″]

なんでもガイドさんが言うのは1日の仕事が終わって帰って、子供たちと夫婦でご飯を食べて、寝るときに寝室に入ったとたんに妻は求めてくるそう。でもガイドさんはその気になりません。なぜだと思いますか?

妻はセックスだけをしたいみたいけど僕は夫婦で話しもしたい。最初に会話を楽しみたいのに妻は話しを聞いてくれなし、話しもしないでセックスだけするのは全くロマンチックじゃないからその気にならないんだ。

 

なるほど!そこで私の点と線が繋がったのです。確かに男が抱きたくない女性のタイプには自分だけ話をするタイプというタイプがいて、男にモテる女性とは容姿関係なく話しをよく聞く聞き上手というのがあるんですね。

男性は日常的に話しを聞いてもらえてないと感じるとその女性を抱きたくなくなる

ぶっちゃけ男でも女でもそうですがKYというか自分だけの話をしている人は嫌われるし、周りにウンザリされてしまいます。聞き上手というのは聞いてふりだけではありません。人間って何となくこの人は聞いてくれるし理解してくれているな~~と感じる能力があるんだと思うんですね。

自分の話を聞いて理解して貰えていると感じると男性は心が開いて抱きたくなるんだと思うんですよね。

外ではダンナは無口に思われますが、うちのダンナはうちではよく話します。というのはダンナは人の話をよく聞くのです。外で聞き役の分、家では聞いて欲しいというニーズがでるようです。私は女なので女友達とぺちゃくちゃしているので話す欲求は外で満たされていますが、男性同士だと女性のように目的なくぺちゃくちゃは出来ないようです。だから家では話しを聞いて欲しいんですね。

sket bot loves chatty bunny's stories

 

男性があなたに愚痴を言うのはあなたを信頼しているから。愚痴を聞いて貰えなくなったら愚痴を言える女性を探してしまう。

ちょいと昔に男友達が「俺、恋愛したいんだよね」と言ったので、「奥さんいるじゃん、それって不倫じゃん」って突っ込んだら、「俺は話がしたいんだ」と言い返してきたのです。

どうやらその男性の考えでは不倫=セックスで、恋愛=会話と思っているようなんですよね。でもそれってよく表しているな~~と思うのです。恋愛=会話(この場合は会話というよりも話しを聞いて欲しい欲求)ということは、会話を大切にしていればいつまでもトキメク関係であるってこと。それだけ話しを聞くって大切なんですよね。この話しを聞いて欲しい欲求の中には普段同僚や男同士の関係では言えない愚痴も含まれます。愚痴をずっと言われるのも困り者ですが、少々の愚痴なら愚痴をしっかり聞く。これはラブラブ夫婦の秘訣でもあります。

夫婦の会話しっかり取れていますか?愚痴ちゃんと聞いていますか?相手の会話の引き出しをひいていますか?いつも家にいて会話が無かったけど2人で飲み屋に行くようになって酔っ払うようになったら彼が本音をいうようになって会話が増えたという方もいました。飲みに行って酔っ払う方法もアリかもね♪

あなたのお悩みを受け付けています。お答えできるのはこのBlogでお答えしていきますね。相談はコメントかメールogiharakaoruアットgmail.comまで!

 

男性が一番傷つくこと

前回の男性側の意見【排卵日ED】についてFBで男性からのイイね!も多かったので、男性側からの視点を今日は書いてみたいと思います。男性が一番傷つくことって何だと思いますか?

取材したり見聞きしたりしてきた男性が口を揃えて言うには、、、

妻や恋人にセックスを断られるほど傷つくことは無い

なんだそうです。

そうなんだろうな~~と思ってはいたけど、一番傷つくとは思ってなかった。とにかく存在が否定された気持ちになり自信を失うのだそうだ。その一方であまり好きでも無い女にセックスを断られてもそんなに傷つかないんだそうだ。

男性は3回断られると誘わなくなる、そしてその関係を諦める

そして3回断られるともうその関係を諦めるのだそうです。心の仲で距離をつくってしまい期待をしないようにするという男性もいました。3回って少なすぎる。どうするよ?とお思いのアナタ! 大丈夫です。連続3回ですから。「連続で3回断るとその関係は壊れていると言ってもイイ、俺が断言する」と言う男友達もいましたので、女性の皆さま絶対に3回連続で断らないようにして下さいね。私も肝に銘じています!

そしてここまでは何となく想定していたのだけど、優しくて気の弱い男性たちから

妻が家事や育児や仕事で忙しそうにしていると誘えない

Breaking Up

と聞いた時にはビックリしました。「妻が家事や育児、仕事に忙しそうにしていると悪いな~~と思って誘いづらい」という男性が何人かいたのです。それって空気読みすぎだよね。優しすぎて誘えないって、自分を後回しにして後々に問題がでてくるんじゃないのか?と思います。男性がセックスしたいけど、誘いづらいなんて、妻だって気づいてないよ、と心で突っ込みをいれて、「ちゃんと誘った方がいいんじゃない」と私が言うと、「忙しそうにしているから断られる確立が高いし、義理でやってもらう感じがして嫌だ」と言うのです。

これは想定外だったしビックリした!だからダンナには「誘いたい時は絶対に誘ってね!」と釘をさすように言っています。

この空気を読みすぎる男性って日本独特の文化でもあるかもしれないなと思います。例えばアメリカ、フランス、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの国は赤ちゃんが0ケ月でも赤ちゃんは赤ちゃんの寝室があり夫婦の寝室とは別々です。また両親と同居というのもほとんどありません。2世帯住宅というのもほぼありません。

赤ちゃんと0ヶ月から別室なのは色んな理由があると思うのですが、一つには寝る時は夫婦だけの時間を大切にしているからかもしれないな~~と思います。それはある意味、セックスレス対策でもあると思うのですよね。夫婦が一度セックスレスになると離婚する可能性が高くなることは欧米人ならほとんど分かっていることです。親と同居しないというのも同じような理由からかもしれないなぁとも思います。

セックスを誘いやすい環境を創るっていうのも大切なんですね。子供のこと、家のこと、仕事のこと、で忙しいと男性がセックスしたいサインを見逃してしまうかもしれません。サインに気づくのも大切ですね。次回は男性がセックスしたくない心理を書きたいと思います。

読者の皆様の相談をうけつけています。コメント欄に書いてもいいですし、メールでも受け付けています。

ogiharakaoruあっとgmail.comまで!

 

裸で居間を歩くのは平気だけどセックスは恥ずかしい!?

いつも読んで頂きありがとうございます。このBLOGにいつも感想を書いて頂いているありがたい読者の方から感想をもらました!読者から感想や相談を貰うと全部にはお答えできないのですが嬉しいです♪

 

うちもかなりのセックスレスです。それで不妊治療に行ってるって正直誰にも言えません。大切なことなのについつい後回しになってます。ただ、私達の場合、私もですが、なんだかもうその行為自体が恥ずかしくなってしまってるところはあります。一緒にお風呂に入ったり裸でリビングを歩いたりするのは全然大丈夫なのですが、逆に恥じらいがなくなりいざそのこととなると急に恥ずかしさ出てしまう。まさかこんなことになるとは思いもしませんでした。いつもこんな誰にも言えない話をしてしまいすいません

 

 

裸でリビングを歩けるのに行為自体は恥ずかしい!?実は付き合いが長くなり、相手と自分が家族になるとセッ●ス自体が小っ恥ずかしくなった夫婦のご相談は少なくありません。意外に沢山いるんです。

 

裸を見られるのは恥ずかしくないのに、パートナーとの行為が恥ずかしいってどんな心理だと思いますか?

私が思うに2人の仲に競争が起きていると思うのです。男女間の競争とは、わたしの方が正しい、とか、あなたよりも私の方が優秀とか、そんな感じです。とにかく相手には絶対に負けたくないと思ってんですよね。そして性欲に蓋を閉じてしまうのです。セッ●スのニーズがある方が負けた感じがするので、性欲を抑圧するのです。そうすることで負けないようにしている。競争をしていると自分の心や欲求に素直になれません。

もちろん初めてセッ●スをした時や, 付き合いはじめはセッ●スするのはドキドキして恥ずかしいもんですよね。私でも始めてのセッ●スや付き合いはじめは恥ずかしいもんです。でも上記の付き合いが長くなってセッ●スが恥ずかしいという感覚は付き合い始めの恥ずかしい感覚とは全く違います。

なんというか、優秀で熱血で強い上司が部下に弱さをさらけ出すのが恥ずかしい、そういうような恥ずかしさです。そこには見栄や、意地、頑固さ、競争、劣等感がいりまじっています。上司は常に部下より強く、部下に慰めてもらいたくなんて無いみたいな感覚です。 (もしかしてこの例えでさらに分かりにくかったりして~~。上手く例えができなくてごめんなさい)

パートナーと競争していると素直になれなくなります。自分の弱さ、甘えたい心、ニーズ=自分がパートナーにして欲しいこと、などを見せなくなります。そして2人は競争しているので、2人の間に距離をつくるのです。セッ●スは親密感のバロメーターなだけでセッ●ス自体は重要なことではありません。  セックスとはリトマス試験のようなもんでもあるのです。

男性に日常的に弱さを見せないで心を閉じると男性はあなたに性的魅力を感じません。

Couple @ Markthalle

さらに親密になる怖れがおきている!

パートナーとの関係が長くなり、信頼関係が深まれば深まるほどセッ●スに距離があくカップルは珍しくないんですね。今よりももっとパートナーと親密になって失ってしまったらどうしよう?という怖れなどがあると、パートナーと距離をあけるようになります。

2人の間に競争と親密になる怖れがあるとセックスするのが小っ恥ずかしくなるんだと思います。

これを読んで、そうかも~~と心当たりがあるのなら?まずは競争していることを完全に認めて楽しんでしまうのもアリかだな~~と思います。

私とダンナも簡単に競争します。例えばダンナが自分のした良い行いをした話しを聞いても私は全然ダンナを褒めたくありません(笑)何かムカつくのです。で、ダンナは「どうして褒めてくれないの?」というような事を遠まわしに言うと、正直に「あなたを褒めたくないんだもん」と言ったら、ダンナも笑いながら「俺もかおるを褒めたくない」と言ったりします。で、「わたし、あなたと競争してんだもん」と言ったら、ダンナも負けずに「俺も~~」と言った後は2人で爆笑してしまいました。だから競争していることを認めてそんな自分を受け入れてしまうのもアリですよね。

競争しているコトを認めて競争をすると馬鹿らしくなってくるから不思議です。私はダンナに私はアナタと競争している宣言をしてから、2人の間で競争が起きるとすごい爆笑がおきるのです。コメディです。何とも馬鹿らしくなるから不思議です。

小っ恥ずかしいセッ●スを2人でどう乗り越える?

まずは家の中を裸でうろうろするのを止めてください(笑) せっかく小っ恥ずかしいならとことん小っ恥ずかしいなって、小っ恥ずかしいさを感じながら興奮するといいと思うんです。 小っ恥ずかしいプレイです♪

そして日常的にスキンシップを取り続けるコトで小っ恥ずかしい感覚は少しは減ると思うんですよね。

普段からキスしたり触りあったりするのは大事ですよね。それでも恥ずかしいならしょうがない。小っ恥ずかしいを受けいれるしかないですよね。

恥ずかしさを乗り越えたセッ●スは結構な快感だと思います。小っ恥ずかしい感覚を利用して新鮮さを取り戻すプレイもいいんじゃないかな。恥ずかしいよ~~と声に出したり伝えてみてもいいかも。あとホテルや小旅行するのもおススメです。さらに親密になることも怖れずに夫婦のセッ●スをエンジョイして下さいね。

相談や感想があればメールまたはコメント欄でお書きください。このブログで取り上げながらお答えできるのはお答えします。 相談メールや感想はogiharakaoruアットgmail.com まで!

Enjoy this blog? Please spread the word :)