駆け引きに気づいたらドン引きして一気に冷める理由

駆け引きに気づいたらドン引きして一気に冷める理由

ちょいと昔につきあっていた男性が
いわゆる遊び人タイプだった。

それが何ともわかりやす~い「駆け引き」をしてくるんですよね。
何というか「駆け引き」が自然と身についてて、
自然と「駆け引き」をしてしまうというタイプ。

私ね、「駆け引き」されるとすご~いドン引きして、
どんどん冷めるですよね。

それは恋愛でも、
営業でも。

Photo by Flickr

よく賃貸物件を見た後の担当営業の方で、
「他の方が借りたいっと言っているのですが、
お先に内覧したので、お伝えしなくてはいけないと思いまして」
とか電話がかかってくるのですが、
そういう営業をされると凄いドン引きしてしまい、
あ~、この不動産屋さんにお願いすることはないな~と思ってしまう。
当然、そういう物件はその後もインターネットを通じてみることになるので、
「下手な駆け引きされなければ、
あの不動産屋さんにお願いしていたかもしれないのに」と思ってしまう。

正直に
「借りたいという方は今はいませんが、
いつでもお電話くださいね。お待ちしてます」と電話してくれれば、
私はその不動産屋さんの担当さんに色んなことを依頼すると思うし、
友達だって紹介するのにと思ってしまう。

私にとって、
「駆け引き」は凄いデメリットのある行為にしか見えない。

「駆け引き」がなぜ効果があるのか?
物件でも恋愛でも、「あ、人のモノになってしまう」と思うと、
すぐに契約しなければいけないと思ってしまうからなんだと思う。

なんか賃貸物件ならいいけど、
焦っている人ってどうなの?

または効果があるのは、、
駆け引きマニュアルみたいなのを
読んだ恋愛依存体質の女性が、
恋愛依存体質から抜け出したとかは効果あるのかな?

その場合は「駆け引き」じゃなくて、
相手の望む距離感を創っただけとも言えるかも。

でも、相当高度な駆け引きじゃないと、
インターネットで簡単に何でも検索できちゃう時代は、
「駆け引き」されてると気づくんじゃないかな?

だからある意味、駆け引きは危険なんだと。

私が思うに、
「駆け引き」が効果ある相手って、
あんまりスマートじゃないか、人間の感情のことに興味が無い人なんだと思う。

頭がいい男性とか、
人間の心(=自分の気持ち)に気づきがある男性って、
「駆け引き」されるとすぐに気づいて、
冷めるんだと思うんだよね。

ましてや、
精神的に健全な男性は、
「駆け引き」する女たちにドン引きするんだと思う。

男性で、
「駆け引き」されて、
のめり込んでいく人なんて、
依存体質で精神的に健全とは言えない人なんじゃないかと思うだよね。

だって、
私、「駆け引き」されて、
元彼のこと、凄い冷めたし、
最初は「なんでこんな簡単な駆け引きがバレるって思わなかったんだろう?」
からはじまり、とにかく不思議で。
最後は「彼ってただの馬鹿?」とぐるぐるして、
で、「彼はただの馬鹿」と腑に落ちて、
そしてストンと冷めたんだよね。

冷めるよね~!

分かりやすい「駆け引き」をする
ただの馬鹿と付き合いたくないから。

もう1つに私が思ったのは、
駆け引きをした元彼は、
「駆け引き」されると執着するタイプなんだろうな~とも思った。

だって「駆け引き」されて、
冷める人は「駆け引き」しないでしょ。

パチンコと同じで「駆け引き」されているのに、
やめられないという中毒体質に近いようなそんなタイプ。

だから、
「駆け引き」で成立したカップルって、
どちらも依存で、
どちらも執着体質なんだと思うのよね。

だって健全な心の持ち主なら、
連絡をまともに返してこない相手を信頼できないでしょ。

恋愛で苦しくなって、
恋愛ハウツーにあるような「駆け引き」を実行する前に、
自分自身の執着と依存に徹底的に向き合えばいいとも思う。

そして、
依存している相手に、
正直に、
「私はあなたに依存してる。適切な距離を保てなくてごめんなさい。
依存して執着してて苦しい」と伝えてもいいと思う。

私はそう言った分かち合いをする人のほうが、
「駆け引き」をする人よりも幸せになる確率が高いと思う。

駆け引きでなびく男性よりも、
上記の分かち合いが心に響く男性の方が
精神的に成熟しているから。

そして、
依存や執着は恋でも愛でもないことに気づくこと。
私は今の人生に満たされていないんだと気づくこと。

人生に不満や不安が多いと、
相手に依存して執着しやすい。

だから駆け引きする時間を、
自分の内側に変化がおこるように、
自分自身の依存と執着を手放すことに集中した方がいい。

不幸な恋愛よりも、
幸せで健全な恋愛がしたいなら、
そういったプロセスも必要だと思うから。

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)