結婚する前にちょっと待って!?あなたは彼と話してて楽しい?

結婚する前にちょっと待って!?あなたは彼と話してて楽しい?

先月は1ヵ月(2015年9月)からダンナと1ヵ月アジアを旅してきました。
香港から深セン市に電車で入り、そこから中国を陸路で旅をして、
中国の国境近くから飛行機でミャンマーに入る旅です。

ダンナとの旅は最初の1週間はほぼ喧嘩
そしてすぐに仲直りでしたが、最後は学習したのか喧嘩の数は少なくなり、
仲良く旅ができました。それは最初の頃にしっかり喧嘩をしたからだと思います

喧嘩するって大切なんですよ~。


それにしても、
ダンナと一緒の旅は凄く楽しいです。
何が楽しいかって言ったら、会話!

私にとってパートナーと
会話があうって重要です。

パートナーシップの基本はフレンドシップだからです。

旅の間、ダンナとの会話は尽きず、
政治、経済、文化、歴史、など多岐に渡りとても楽しかったです。

これはとても大切なことなんですよね。
結婚って会話がとても大切です。会話して相手を理解するのですから。

今回の旅で私のダンナはダンナという役割を超えて、
最高の親友になりました。


Friends at Play

Photo by    hlaura Prevos

相手のことが好きでも、
会話があわないって思う方いますか?

それは肉体だけで恋愛をしている場合もあります。
またはあなたが凄く寂しさをうめるための恋愛をしている場合もあります。

その場合は、
相手のルックスが好き、セックスの相性があうなどで、
相手の中身に関心を持っていないことも多々あります。

私の場合、
今だからはっきり分かるけど、
一度目の結婚の元ダンナさんとは会話はあいませんでした。
元ダンナさんは人の話しをよく聞く真摯で誠実な人でしたが、
興味を持つモノが私と全然あわず会話はあいませんでした。

興味が持つモノが違っても、
会話があうことは全然可能です。でも会話があわないということは
相手の興味があることに関心が向けられないということでもあります。

だから昔の元ダンナに対して、
会話をする時も、
どこかで私が無意識に彼を馬鹿にしてしまうという
何とも傲慢な態度で接していたのです。

私はその当時、
寂しかったんだと思います。でもその寂しさに気づけませんでした。
相手が好きだからお付き合いしているというよりも、
1人が寂しいから誰かと一緒にいるという感じだったと思います。

だから次のパートナーは親友になるような
会話が楽しい人がいいと離婚後に思ったのです。

会話から沢山の「気づき」を得られる人がいいと思ったのです。

私は前のパートナーとは肉体レベルでの恋愛をしていました。

元パートナーを馬鹿にしているくせに、
依存していたのです。凄く失恋ですよね。ごめんなさい。

今は前の結婚より成熟して、
現ダンナには「かおるは自分の良き理解者」と言われます。

もしダンナを男と女としてだけの関係性で見るだけでなく、
最高の友達として見ることで、
ダンナとの関係性に幅ができたように感じます。

もしダンナさんや彼と上手くいっていない方は、
一旦リセットして自分のパートナーを友人として見ることで
新しい関係が創れるかもしれません。

Please follow and like us:

私が離婚から学んだコト~ビジョンの共有~

前回の離婚から10年以上たって再婚した。
その10年の間、全く恋愛してないわけでも無いけど……。

離婚した10年の間、「わたしはなぜダンナ(元)と別れたんだろう」
と問い続けた。

私の元ダンナさんは凄く人が良く、
今でも私の幼馴染は「○○君、いい人だったよね」と言われるくらいアッタカイ人で、
人に好かれるタイプの人だったのだ。

今でも答えはでないけど……
元ダンナと結婚したときの私は[結婚に期待が高く]
かつ[凄く結婚を焦っていた]ことも原因の1つかもしれないな~と思う。

私は1人で生きることが怖くて、
結婚相手は[ライフパートナー]であるコトに全く気づいてなかった。

でも一番大きな原因は
元ダンナと私のライフスタイルが違いすぎたからだと思っている。

離婚後、私は東京のド真中に住み、元だんなは新宿から一時間はかかる場所に
引っ越した。
私は仕事をしながら世界を1人で旅をし、
元だんなは再婚をしその場所にずっと住み続けている。

ライフスタイルっていうと軽く聞こえてしまうけど、
人生をどう生きるか、どう生きたいのかという願望が全然あわず、
人生のステージ、ステージでの選択が、
元ダンナと違いすぎたとしか言いようがない

ビジョンの共有が全くできなかった。

Road

photos by Flickr  Hadi Nikkhah

先日、TEDの動画を見たら、
とある心理学者が人間の人生は35歳までに決まってしまうと言っていた。
20代で経験したことを30代でいかして、キャリアを構築し、
その後、30代中旬で年収や生活スタイルが決まってしまうらしい。

当時、私の元ダンナはどちらかというと「仕事」が好きでは無い人で、
仕事に全力をそそぐという観念があまり無い人だった。

人の生き方は千差万別。相手の生き方は変えることは出来ない

自分の生きたい方向を変えることも出来なかった。相手と自分のバランスが
取れればいいんだけど、
相手と自分のスタイルが間逆すぎてバランスをどう取っていいかもわからなかった。

あなたが結婚したいパートナーはどうですか?
あなたとパートナーは同じビジョンが見えていますか?

道は違ってもビジョンが同じなら譲歩しながら歩んでいけるハズ。

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)