アラフォーでも遺言書を作っておいた方がいい理由

母がいきなり亡くなってしまいました。 
旅行先で温泉に入って亡くなったので、先週は大変忙しい週になってしまいました。 母がいきなり亡くなってしまった哀しみの中、 色々手配をしなきゃいけません。 
亡くなった母も私も父も母がこんなに早く逝ってしまうなんて 
心の準備ができてなっかたので、告別式の準備が大変でした。
母が生きている時に母の希望を聞いてなく、 
ましてや母は遺言書などもなかったためです。 「お葬式」は最低でも150万以上はかかると言われています。 また仏式、クリスチャン式など色んなスタイルから選ばなきゃいけません。 
 こんな時に遺言書があればとても助かったのに思いました。 40半ばになると親が亡くなる方、少なくないですよね。 「お葬式」は親に最後にしてあげられることなので、 生きている間に希望を聞いていた方がいいですね。 
私の旦那さんはなぜか知らないけど、 昔から遺言書を書いておいてあるそうです。結婚前はすべての物は妹に渡すようになっていましたが、 最近、結婚してから書き換えたそうです。 私は旦那に、 告別式なし、お墓はなし、沖縄かハワイの海に遺骨をまいて欲しいと伝えました。 なぜなら生きている間にお金を使いたいからです。 
 日本のお葬式の費用は世界で1番高いのです。 こんなに「お葬式」に費用がかかるなら、 母が生きているうちにその費用分のお金を使ってあげたかったなと思いました。
母や父の希望ももちろんのこと、自分のための遺言もあった方がいいなと思いました。
例えば貯金で寄付した先もあるだろうし、
気がかりな友人を助けたいという要望もあるかもしれません。
可愛い終活ノートなんかあったらいいですよね。

Tweet

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)