パートナーが失敗すれば、あなたがツケを払うことになる

 

【パートナーが失敗すれば、あなたがツケを払うことになる

IF PARTNER LOSS, I WILL END UP PAYING THE BILL】

傷つくならば、それは「愛」ではない 著 チャック・スペザーノ
VOICE出版

 

ダンナの成功は私の成功。私の幸せはダンナの幸せ。

知識ではわかっていたけど、本気で気づかされた日だった。

「あんなにモチベーションがあったのに、どうして日本語勉強するのに興味なくなったの?」
「だって日本語話せるようになったら、会って話す日本人、日本人がつまんないんだもん」

なるほど!と思った。
ダンナの日本語を勉強するモチベーションが下がってきた。ダンナは頭がよくて努力家。1年日本語勉強している人達のクラスに入学したら3週間でテスト1位をとった。まだ日本にきて5か月だけど中学生並みのことは話せる。そんな彼が全く日本語の勉強に興味がなくなった。
昨日は無理やりダンナを日本語ボランティアサークルに行かせて、一人で考えてみる。

確かに私がもしアメリカでボランティアが運営する英語サークルに行ったとして、そこの人たちがアメリカ文化は素晴らしいと、アメリカ素晴らしい論の押しつけばかり話されたら【ウンザリ】して行きたくないし、アメリカに幻滅して勉強したくなくなると思う。

私、ダンナへの理解が少し足りなさ過ぎたなと気づいた。

Team Work

まずはダンナに一旦謝り、そこで方向性を変えて、日本語クラスとかランゲージエクスチェンジとかをやめることにした。ダンナが話して楽しいフィールドの人に出会うコミュニティに行ってもらうことが一番だなと!

言語を学ぶのに一番大切なのは、話す相手と話している内容なんだよね。話している相手や内容が楽しければ確実に言語は伸びる。それは英語でも日本語でも同じ。

とりあえず今日はロボットを創るのが好きな人たちのサークルに行くことになった。

ダンナが日本語を学ぶのは、ダンナが考えて学び方を探せばいいと思っていたけど、大きな間違いだ。

昔、自分があまりにも相手に尽くしすぎて、相手の犠牲になるのを怖れていたから、ダンナをサポートしたら、私が犠牲になると思い込みができてしまっていたのだった。前の結婚で無理をしすぎて、今度は放任主義になりすぎて、ダンナのサポートを全くしない妻になってしまっていたのです。

昨日の夜、この罠に気づいてハッピーリッチワイフになることにさらにコミットしたのだ。

ダンナは情熱をもって働くのが好き。そしてチャレンジすること、学ぶことが大好きだ。

相反して私は穏やかな生活が好き。家に一日中いたいタイプ。

ダンナと私のパートナーシップはお互いの長所を交換し、短所を補う関係。これぞパートナーシップだし、チームでもある。

ここがしっかり実感できれば、お互いの出来る出来ないことを補う関係ができ、相手の幸せも私の幸せも同時に実現できる。

そこが出来れば幸せだもの。実践的かつ幸せ夫婦生活&あげまんチャレンジはまだまだ始まったばかりです。

Please follow and like us:

旦那が出世したり収入があがっていく女たち

私の周りで「あげまん」と呼んでもよい女達が何人かいる。
どちらかというと美人でもないし、色気があるわけでもない。

女友達ではなく、その女性たちは親族なのです。
今回、母の告別式で久しぶりにあった親族のうちの女性3人が
「あげまん」になっていた。

50 Years Together
  写真 flicker siebe https://www.flickr.com/photos/siebe/

彼女たちの共通点は何でしょう?

1: パートナーを尊敬していてパートナーには才能があると信じている

この女性たちは夫の才能を信じてやまない。
心の底から夫は才能があって賢い男性であると信じている。

自分の才能をパートナーが心の底から信じてくれたら、
精神的に安定しながら色んなコトにチャレンジできるんだと思います。

2: パートナーが出世するのは当たり前と疑いがない

その内の1人の女性は夫が40代すぎてから、
米国に4年留学したいという希望を反対もせずに、
喜んでおくりだし、彼女は仕事をしながら小学生の1人息子と家を守っていた。
米国留学後、夫は出世した。

3: 家事の手抜きはするがパートナーの話しはしっかり聞いている

家事を完璧にこなすことを目標にするよりも、
パートナーに注目を与え、しっかりとパートナーに対して聞き上手でいる。

4: パートナーを愛している

当たり前のことだけど、この「愛する」が一番難しいじゃないかな~

簡単なことのように思えるけど、
パートナーが出世することに疑いがなく、パートナーの成功を心から願っている
って実は難しいこと。だってパートナーが成功しちゃうと他の女性の
ところに行ってしまうんじゃないかとか、諸々と怖れが出てきちゃうから。

Tweet

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)