「劣等感」と「特別さ」の罠・映画レボリューショナリー・ロード

  ほんの数日までにHULUを利用してみた映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 がそれなりにいい映画だったのでご紹介しますね。  

 

1950年代のアメリカ。フランクとエイプリルは、子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。郊外の「レボリューショナリー・ロード」と呼ばれる通りに面した庭付きの一軒家、都会の大企業への電車通勤、週末のリゾートへの小旅行。まさに二人は戦後のアメリカが黄金期を謳歌していた時代の体現者だった。だが、2人はそんな暮らしにどこか閉塞感を抱いており、絵に描いたような「幸福な家族」の崩壊は間近に迫っていた。(WIKIより

幸せを感じられない妻と生きがいを見いだせない夫

      

この映画を見た方の多くは「妻はイカれている」という感想が多かったのですが、私から見ると妻もダンナも同じように感じます。

静な住宅街で素敵な家を買い、子供2人に恵まれ、ダンナは順調に出世をしていく。順調な人生なのに夫婦2人の間にまとわりつく閉塞感と倦怠感。幸せなはずなのに幸せを感じられない妻。退屈な仕事にウンザリして刺激を求めて浮気を繰り返す夫。その閉塞感から逃れたいために「全てを捨ててパリに引っ越せば幸せになれる」と妻は夫に提案をします。何も起こらない平凡な日々や退屈な同僚や隣人にウンザリしている妻と夫。

 

5-17191

 

この映画に出てくる登場人物は多かれ少なかれ「劣等感」を感じている

他の人よりも特別でいたい、だけどどう特別になっていいか分からないと葛藤する主人公。パリさえ行けば特別な何かが用意されているかもしれないと思うようになる。リアルで真実な人生が欲しいけど、それがココ(アメリカ)には無いという妻の説得で夫もそう思うようになっていく。

ここで妻が真実と表現しているのは「生きがい」や「充実感」のことなんだと思うけど。2人にとっての生きがいのある人生が分からない。人生に流されるまま、そして向き合うこともなく、閉塞感から逃れたいために衝動的に「パリ」行きを決めてしまう。 私から見ると2人の間に真実の人生がないのは場所の問題ではなく心の問題に見えてしまう。

夫婦ともにある劣等感と特別になりたいというこわだりに向き合うことさえ出来ればパリまでに行かなくても「何か」を見つけることは出来たのかもしれないのに。それが劣等感から湧き出るものでも何かにチャレンジし続けることでその劣等感を受け入れ消化できていったかもしれない。      

なぜだか分からないけどアメリカでは人生を変えることは出来ないと思いこんでしまっている2人。隣人よりも特別でいたいと、誰かと常に比較し劣等感を強化させていく妻。退屈な仕事を変えずにチャレンジを諦めてしまう夫。それに絶望する妻。

 

もし夫婦が場所は関係なく「自分らしい人生」を生きることにチャレンジしていたなら結果はもっとハッピーだったのかもしれないなと思います。人間っていうのは退屈だと不幸なドラマを創ってしまうんだな~と実感した映画でもありました。 誰もが持っている劣等感、閉塞感に共感しつつ、年末に見て良かったな~~と思う映画でした2016年は人生に退屈しないように今よりも色んなことにチャレンジしたいと思います。    

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)