世界でイチバン有名なアゲマン・ミィシェル・オバマ!

最近の私たち夫婦の関心はアメリカ大統領選とまだまだ若いオバマ大統領が引退した後に何をするかで盛り上がっています。オバマ大統領の今後にワクワクしていると同時に、もしト間違えてトランプが大統領になったらどうしようと不安になる時もありますが….。

私とダンナが出会った最初の日に盛り上がった話題の一つにオバマ大統領の話しがありました。私もダンナもオバマ大統領の大ファンなのです。キューバ国交、国民保険、同性婚など、オバマさんが次々にアメリカを改革していったのは本当に凄いことだと思います。デートの初日にオバマ大統領の話しで盛り上がれて良かった。結婚生活1年目でも色んな話題にコト欠きません。Vivaダンナです!

ダンナはオバマ大統領が大好きですが、私はミィシェルオバマの大大大大ファンなのです。実はオバマ大統領のイチバン凄いところはミィシェルを口説いて妻にしたことじゃないかと思っています。ミィシェルオバマは今、世界で一番有名なアゲマンです。今後もしかしたら、ミィシェルが大統領になる日もあるんじゃないかとワクワクもしています。

今日は私の趣味の押し付けでミィシェルオバマがいかに素敵なあげまんなのかを紹介していきます。

1:ミィシェルはオバマ大統領の指導役でもあり上司だった

米国で6番目に大手の弁護士事務所にインターンに来たオバマ大統領の指導役だったのがミィシェル。ミィシェルに惹かれたオバマ大統領がデートに誘うも断るミィシェル、引き下がらないオバマ大統領に兄とバスケットをすることを提案。その理由はバスケットをすることでその人の人柄が全て見えると両親から教えられてたそう。素直にミィシェル抜きで兄と指しでバスケットをする時点でオバマ大統領のガッツが凄いですけどね!

2:大手有名弁護事務所をやめて慈善活動へ

ミィシェルはバリバリのキャリアウーマン!見た目からもザ・働く女性っていう感じなのですが、大手弁護士事務所をやめて社会奉仕プログラム「パブリックアライズ」の立ち上げにかかわり局長に就任。過去最高額の資金調達という快挙をなしとげちゃう優秀な女性。ハイキャリア街道間違いナシの道をすてて、慈善活動に進んだのは「自分だけでなく周りを幸せにしたかったから」だそう。 シンプルですが深いですよね。自分の幸せの次は周りにも幸せを分かち合いたくなるもの。でもそれには本当に幸せじゃなきゃ続かない。だからでしょうか?最近のオバマ大統領には疲れが見えますがミィシェルは常にハッピーオーラ・ご機嫌な感じです。

3:オバマ大統領が貧困層救済活動をし、人権弁護士になったのはミィシェルの影響?

母方、父方ともに割と裕福な家庭でそれなりに余裕のある生活をしてきたオバマ大統領が、貧困層救済活動と人権弁護士になったのはミィシェルの影響もあったと思われます。というのもミィシェルはシカゴの貧困街出身で貧困街育ち、人種差別、貧困問題、ジェンダー問題にも大学時代から取り組んでいたから。同じ時期にオバマ大統領も違う場所で社会奉仕をしていたのですが、地域貢献型です。一方でミィシェルの方向性は大学時代からかなり具体的。同性婚、女性の権利、貧困などはミィシェルの方が大学時代から取り組んでいたので、ミィシェルの影響は否めないなと思っています。

4:夫の大統領選と子育てで仕事をやめ、夫の大統領選をサポート

スーパーキャリアウーマンだったミィシェルですが、夫の大統領選を支えるために休職をしています。それは仕事を諦めたというわけでなく、オバマ大統領のビジョンはミィシェルのビジョンでもあったからだと思うのです。共にビジョンを叶えているわけです。貧困層改善、人権問題、医療問題、同姓婚などの改革はミィシェルのビジョンでもありました。また大統領選の時にオバマ大統領が参加できない討論にミィシェルが参加。アメリカの医療問題をずばずばとかっこよく議論していた姿をみたときにミィシェルすげ~~と感動したのは今でも覚えています。

4:夫婦の関係を大切にするために家庭のリーダーシップをとるミィシェル

大統領選挙活動で激務になる夫・バラクオバマに2人の娘と家庭のために、「一晩中家に帰らないのは週に一日のみ、選挙運動は一週間に二日のみで、二日目の夜には家に帰るという約束」をさせたとのコト。またオバマの大統領選でミィシェルがオバマの代わりにスピーチをしサポートすることでオバマのタバコをやめさせたそう。強い愛情を感じますね。大統領に当選した後も2人でデートの時間をとること、夜には家族と一緒にホワイトハウスでご飯を食べることを約束させたりと夫婦のリーダーシップをとっています。大統領である責務からどんどんハードワークにならないようにプライベートも充実するようにしているんですね。

5:新世紀型ファーストレディのヒップホップダンス!

ミィシェル大統領がでて来る前に私の中でアメリカのファーストレディは強いな~~と最初に感じたのはヒラリークリントン。今でも鮮明に覚えているのがクリントン大統領の不倫謝罪の記者会見のときに凜とした強さで傍に立つヒラリーの姿。

ヒラリーがクリントンの不倫に毅然とした態度で対応していなければクリントンは辞任していたでしょう。がそんなヒラリーの凄さを更新してしまったのミィシェルのダンス!ミィシェルが私の記憶をアップデートしてしまったのです。それもすごいノリノリのヒップホップダンス。ダンス最高に上手い、ダンサー並みです。

ちなみにこの番組のエレンペイジは同性愛者をカミングアウトした実力女優ですが、トークもエッジがきいて凄いんですが、ミィシェルも負けてない。ジョークもきりかえしも面白い! こんなユーモアたっぷりなファーストレディはミィシェルだけ!スカートに上品なヒール姿というアメリカのファーストレディのイメージを塗り替えました! 

長いので3分すぎたところから見てください!最高にリズムに乗ったダンスです。

こんな凄いダンスのできる最強妻、ミィシェルのサポートを受けたオバマ大統領がその次に何をするのかワクワクしますよね。そして子供達が大きくなったミィシェルの今後も目が離せません。

夫のビジョンを明確にし、サポートし、夫婦関係でリードし、ヒップホップでアメリカの健康を改善を訴えるミィシェルはマドンナ以降の私のヒーローになりました。ミィシェルから私たちへのメッセージが聞こえてくるようです!「女たちよ、強く、たくましく、寛大であれ、面白く、ユーモラスに、そして楽しむことよ」ってね。私もこのダンスのようにリズムにのってノリノリなアゲマンでいたいな!

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)