排卵日に性行為をすると後々セックスレスになる確率が高い?

突然ですが、あなたの性生活に問題が起きたとして…..、セッ●スの相談をぶっちゃけで出来る友達や知り合いいますか?

これって実はすごーーーーーーーーく大切なんです。

なぜならセッ●スの相談までできる友人や知人は何でも相談ができるからです。セッ●スの相談ができれば何でも相談ができるってこと。それは友達に見栄や恥をかなぐり捨てて付き合っているってことだから。

長らくの性生活にかかわる仕事をしてきて思うのは、結婚する時って2人がレスになることなんて疑いもしないんですよね。でも私の周りでは結婚して長年たった夫婦はレス夫婦の方が多かったんです。だからレスになる確率は凄く高いな~~と思っていたわけす。そこで相談できる人がいないとどんどんレスの課題に蓋をして後回しにしていってしまう。でも長らくセッ●スをしていない夫婦がセッ●スを取り戻すのはとても大変なのです。

セッ●スの相談ではなくて、セッ●スの相談まで出来る友人や知人を持つことは人生のギフトだな~と思います♪特に女性は結婚すると自分の女友達との付き合いが疎遠になりがち。だから女友達との関係も大切にしたいと思っているんです。それは私のダンナのためでもあると思っています。

そうは言ってもセッ●スの相談をするのは勇気いりますよね。だから今日は私が取材した男性たちの本音をシェアしますね。

私が2011年に出版した本「いつまでもメイクラブする方法」ではありがたいことに沢山のセックスレスの女性や男性に取材をさせて貰いました。

なぜレスになってしまうんだろう?長年の疑問が色んな人に取材をして男性が女性を抱きたくない理由が見えてきました。

今日は男性がパートナーに性的魅力を感じなくなる代表的な理由Ⅱをシェアしますね。

男性は排卵日セッ●スをしてしまうと産後の妻に性欲を感じなくなる

男性のセッ●スは能動的。セッ●スする為には男性側は性欲を感じて、そして勃起をしなければいけません。これが自然の流れなのですが、、排卵日セッ●スに性行為をしなければならないとなると、楽しいハズの性行為が仕事のように義務を感じてプレッシャーだそう。そして何とか勃起をするように頭の中で色々考えて頑張るのだそう。

「排卵日は朝からプレッシャーだった」という男性が結構いたのです。ちゃんと出来るかな?家に帰りたくないな、そう思うのだけど、愛する人の子供が欲しいという妻の気持ちも分かるから、自分の心の声をかき消していたと言うのです。そして妻が妊娠するとプレッシャーから開放されて嬉しかったというのです!ビックリしたのは男性がその気持ちをパートナーである妻に伝えてないことでした。 なんと取材している途中に自分の気持ちに気づいた男性も多かったのです。それくらい男性は自分の気持ちに気づくのが苦手なのかもしれません

で、排卵日セッ●スでのプレッシャーが頭の中に刷り込まれてしまい、妻に性欲を感じなくなるようでう。妻とのセッ●ス=重労働というイメージができてしまっているんですね。自分がEDになったのではないか?と心配で風俗に行って確認したという男性もいました。風俗では自然に勃起をしたので、これは排卵日EDになったのだと気づいたそう。

 

Too Much Pressure...

 

排卵日のセッ●スだけを特別視しないこと

排卵日は絶対にセックスするべきと女性が意気込めば意気込むほど男性が萎えてしまうみたい。だから排卵日だけを重視せずに日常のセックスを楽しむように女性側から工夫する必要があるかもしれません。男性がプレッシャーを感じずに自然な流れで勃起ができるような雰囲気づくりをしていくことが大切かも。

もし排卵日セッ●スであなたのパートナーの性欲が喪失しているようなら!

定期的に子供を預けて2人の時間を創ってデートすることをはじめることをおススメします。まずはセックスする期待を手放して、ラブホテルでセクシーなDVDを見るのもいいかもしれません。パートナーにセクシャルな時間を妻側がプレゼンテーションする意気込みが必要になります。セクシャルな時間をプレゼンしてもセックスの期待は持たないこと。そうやってゆっくり回復していったカップルも多いです。

 

Please follow and like us:

女性がパートナーをないがしろにすると浮気じゃなくて本気になってしまう。

女性がパートナーをないがしろにすると浮気じゃなくて本気になってしまう。

女性が子供を産んだ後にレスになる夫婦は凄く多い。
多くの場合は女性が育児に夢中で「夫への注目」を与えてない場合に
おこるのだけど。

そういった場合は、
不思議と男性側からも妻を誘わなくなることが多い。

そこにさらに、
今まで子供を授かるまで2人の間にあった
スキンシップまで無くなってしまう。

女性は子供を産むと、
ホルモンの関係でスキンシップを産む前よりもしたいとのこと。

そのスキンシップ欲は赤ちゃんを抱っこすることで
満たされてしまうと「夫に注目しなくなる」かもしれません。

アジアは欧米に比べて
赤ちゃんを抱っこする回数が多く、
抱っこをするほど赤ちゃんに良いという考えが
あるそうです。

育児方針はそれぞれ皆あっても良いと
思うのですが、
赤ちゃん中心で、

パートナーへの注目を与えることを忘れてしまうと、
男性は浮気ならず本気になってしまうことが多いんですよね。

職場で出会った女性に、
何かのハズみでそういう関係になってしまい、

浮気では無いので別れられない。

First birthday of Jasiu!

 

私がレスの原因を取材したときに、

同じパターンばかりでびっくりしました。
彼らの多くは、
育児に協力的で子某脳。
でも心の奥では寂しさを感じているんだけど、
それに気づけません。

「子供だけじゃなく、俺もかまって欲しいんだ」

とは言えない場合が多く、
そしてある日ストンと別の女性と恋に落ちてしまう。
取材して分かったことは、
彼らは子供を産んでくれたことを感謝している反面、
嫉妬もしているのです。
でも大の大人が子供に妻をとられたと嫉妬していることを
自分でも認めたくない。子供も可愛いい。相反する葛藤がおきます。
自分でも認めたくないから、
そういう気持ちもわかちあわない。
そして妻もそういう気持ちを分からないままでいたりします。
夫婦の会話の多くも、
子供のことが中心だと、
ロマンスが無くなってしまうことが多いのです。
でも女性側も、
その距離で満たされちゃうですよね。
レスでもいいんです。女性側は。
子供との関係で満足しているし、女友達とペチャクチャしたりして、
ストレスを解消しているし。
で、夫が求めてこないことが少し不思議なんだけど、
ま~、いいか~、その方が楽だからと流しちゃう。
 

この段階で、

女性側が、
「よ~し!夫婦にロマンスを取り戻すぞ~」と勇気をもって
進まないと、
夫がある日、違う女性と恋に落ちちゃうということになりかねない
 
彼らは無意識で、
寂しさから、
妻と自分の間にあったロマンスの喪失を哀しんで、
ロマンスを探していたのかもしれません。
パートナーに注目与えてますか?
パートナーの前では子供の母でなく、ただのあなたとして存在していますか?
育児のストレスばかり話していませんか?
パートナーの話しも聞いてますか?
2人の時間を創って、
パートナーに注目を与える時間をきめると良いみたいです。
私の友達からも同じ相談を受けますが、
セックスのことを相談することは私にでさえ、
勇気がいるみたいです。

疲れているときに行為はしなくてもいいんです。
でもロマンティックにイチャイチャすることだけは忘れないで下さいね。

また長年レスで、
そこから夫婦のロマンスを取り戻すときに、
いきなり性行為をしようとするのは無理があります。
パートナーはあなたをさらに避けるようになってしまうことが多いです。
そういう時は出会った時からやり直す(デートのみ)方が一番効果があるようですよ。
他にもおすすめの記事
http://ameblo.jp/mamiyoshida/entry-12056050661.html
忙しい人は要注意・今すぐ始めたい夫婦再生のステップ
Please follow and like us:

心の奥に「怒り」があると親密な関係から距離をおく=レスになる、またはヤリまくる

心の奥に「怒り」があると親密な関係から距離をおく=レスになる、またはヤリまくる

先日の「性」のトラウマが軽いPTSDを創り、
日常での性行為を楽しめなくなるという話しが好評だったので、
今日は心の中の「怒り」がセクシャルなコトにも影響するお話しをしたいと思います。

前回お話した中で、
機能不全な家庭に育つと、
親密的な行為(感情がともなった性行為)
生活感がある親密性のある性行為に興奮できない可能性が高くなる

とお話ししたことをさらに説明したいと思います。

機能不全な家庭でよくあるパターンが

divorce
Photos   Yony Guyton

離婚です。

そのことによって
「片方の親を失うわけです」

最近では友人として円満に別れて、

子供ともこまめに会わせる親が多いので、
いい時代だな~と思います。
それでも、
片方の親といきなり会えなくなる離婚というのもまだまだ多いですよね。
毎日あっていた親といきなり連絡も取れなくなり、
会えなくなるという体験は大きな喪失感を感じます。

喪失感を感じると

喪失の怒りと
離婚の危機を助けられなかったと、
親に対しての罪悪感が莫大にできます。

喪失の痛みの上の感情は「怒り」だったりすることが多いです。
親を失ってしまった「怒り」が出てきていいはずなんだけど、

______喪失________
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
______怒り_________
_________________
哀しみ

↑の絵のように、
怒りの下には哀しみがあるのですが、
喪失を感じるには
ステップがありまして、
怒りを感じるプロセスも重要なんですよね。

でもどうやって
安全に激怒を感じていいのか教えてくれる人もいない。
そこで感情に蓋をしめてしまうのです。

感情を完全に抑圧したりしてて、
 「怒り方」 がわからない。
その怒りを心のパンドラの箱にしまっているので、
その箱が爆発しない程度の距離にパートナーを遠ざけるわけですね。

無意識で、
自分が怒りをもっていることに気づいているので、
自分の怒りが相手を傷つけるんじゃないかと、
相手を遠ざけてしまう。

または間逆に
1人の人と親密な関係を築くのが怖くて、
何人も同時に付き合って、
1人1人と距離をあける。
誰とも深く付き合わないとか。
そういうこともあって遊び人になっていくんだけど。

その心の奥深いところにある
未完了の「怒り」や「哀しみ」があると、
1人の人と充分に親密感がある性行為ができないのです。

その激怒を扱うのは大変な根気とガッツがいるんですよね。

そういった激怒を抱えて、
抑圧すると、
すべての感覚も抑圧することになるので、

女性の場合は
「親密な行為」に不感症になりやすく、
(もちろん、今のパートナーとの関係で不満や解決されていない怒りがあると不感症にも
なりやすいです)

男性の場合は
性という行為を親密な人と行わないか、
多数の人と刺激的な行為を求めやすいのです。
で、刺激がどんどん過激になっていく。

男性の刺激的で過激さを求めるという理由は
「感情を感じる」ことを抑圧しているので、
繊細なことを感じれないんですよね。

ハートを閉じているんだけど、
怒りやネガティブな感情はそのまま蓋をしながら、
ハートを感じたい、ハートを開きたい、という欲求があって
どんどん刺激マシーンになっていくわけです。

本当は思い切り
泣きたいのに泣けないという体験は性的趣向に大きな影響を
与えてしまうんですね。

そこを乗り越えていくには、
内観する(自分の感情にきづく)=気づきをもつ、
そして、未完了の感情を感じて、
癒していくというステップが大切になってくるんですね。

 

■離婚に例えてみましたが、機能不全な家庭のパターンは色々ですよね。
親がギャンブル、アルコール依存症など。そういった幼少の傷が
性に影響をあたえる。説明するにあたって「離婚」を例にあげましたが、
離婚した子供が機能不全というわけではありません。

Please follow and like us:

結婚や同棲するとエロを感じなくなったという男性たち

結婚や同棲するとエロを感じなくなったという男性たち

今日は少しだけ深いお話を書きたいな~と思います。 よく男性から、 自分のモノになるとエロを感じなくなる 生活感を感じると性欲がうせる とかそういう相談をもらうのですが。

これって、
深い深い意識の中でエロの概念が罪悪感とかタブーと結びついているですよね。

エロスとは相手と繋がりたいというワンネスへの欲求であるので、
生活感があろうが、
毎日一緒にいようが、
性生活はどんどん良くなるはずです。

承認欲求が満たされていない、
自己価値や自己肯定感が低いと、
エロスの方向が征服欲に向かったり、

子供の頃に親が性的なことに深い罪悪を持っていたりすると、
子供にもその罪悪感を引き継がせることになるので、
エロスは暗くて、イケないもので、
駄目~~~~~みたいな言葉を発するような行為であると、
刷り込まれてしまうんですよね。

THE BALLAD OF SEXUAL DEPENDANCY
Photos by Markham

ホルモンの関係で、
性欲がさかんになると、
タブーな行為や、
罪悪感を刺激される性行為にさらに興奮するという仕組み。

機能不全の家庭に育った人ほど、
親密的な行為(感情がともなった性行為)や、
いわゆる生活感あふれたような、
親密性の高い性行為に興奮できなくなる可能性が高いです。

これは私的には
軽いPTSDだと思います。

でも誰も
そのコトがPTSDだと気づいてない。

で、
大量に消費される映像や動画で、
気をそらしている。

たくさんやって、
たくさんサバいてみたいな感じも
ある意味では痛みからの逃避。

気をそらさなきゃやっていられないんです。

だって
本当は、
そこに痛みがあるから。

日々の生活をすごす
パートナーに性欲を感じなくなってしまう
感情の下には、
痛みが隠されている。

何か【性】に対しての、
子供のころだったりの、
未完了の痛みやハートブレイクがあることが多いのです。

男性は【性】に関して
被害者になりにくいので、
【性的なこと】で傷ついたと気づけない。
そして、そう言ったことを話す場所さえ少ないから。

あとは日本の文化が
どこかで性にタブーや罪悪を感じてしまい、
どんどん親密になることから離れてしまった。

性のイメージが、
タブーで
暗くて、
罪悪でって刷り込まれたうえに、
親密なことも罪悪だとマインドが間違えてしまった。

私が世界中を旅して、
世界で旅人と話すと、
「日本人」って凄い変態カルチャーなんでしょと、
沢山の人に聞かれました。

日本人は変態って凄い有名だよって。
何度も外国で言われるたびにショックを受けた。
(私が仕事のことを話さなくても、色んな人に言われたわけです)

それに、
世界にでると、
アメリカでも、
スペインでも
中国でも、
手をつないでいる熟年夫婦はそれなりに多くて、
日本で手を繋いでいる熟年夫婦を見かけることって
本当に少ない。

日本は、
公共の場で、
肌と肌を触れ合うことへの抵抗やタブーが凄く大きいと感じる。

もう少しこの課題に真っ向から取り組んでいける
男性があらわれたらいいなと思っています。
最近は男性の恋愛評論家の方が増えてきました。

感情とセクシャルなことが切り離されているコトに
ついて話している男性はまだ出てきていないようです。

男性で恋愛のことを話す方で、
日本の男性の「親密感への怖れ」を語れる人が出てきたり、
日常の生活感たっぷりな場所では、
エロを感じない理由を語れる人が出てきたら、
凄くリアルなんじゃないかなと思います。

■男性を例にしましたが、
女性も多いです。性と感情が切り離されていることが。
このBLOGでゆっくりお話ししていけたらと思います。

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)