出会いが無いと嘆いてたアラフォーの私がヤメたこと!

なぜか不思議な出会いばかりをしている私、出会いにはコトかかない数年をすごした私ですが、出会いのない空白な5年がありました。先日FBでどうやって出会うのですか?と聞かれたので、出会いのない女の園から抜け出す為にヤメたコト、はじめたことをシェアしますね。

まずはやめたコトの3つから紹介します。

1:母親とばかり旅行に行かない

アラサーすぎた独身女性で長らく彼氏がいないと母親とばっかり旅行に行くようになるのですが、実は私もその1人でした。母親との旅行はかなり居心地がいいんですね。でもなぜか母親とばっかり、頻繁に旅行に行く女性ってどんどん恋愛から遠くのです。だから母親には父親との旅行をプレゼントして、母親と私だけの旅行はやめました。

2:女友達とばかり旅行にいかない&ツルまない

これも母親との旅行と同じなのですが、女友達との旅行って凄く楽しくて居心地がいいんですね。女友達とどこでも、いつでも一緒だとなぜか彼氏ができない現象がおこるのです。たぶんに女友達だけで満足しちゃうんですね。

私が女友達に満たされている5年間は彼氏がいませんでした。

3:女ばかりの習いごとは心地よい、だけどヤメた!

気づいたら周りが女だらけという5年間をすごしたコトがあるのです。スタッフも女だけ、仕事も女だけ、友達も女だけ、挙句の果てに趣味の習いごとも女だけ。これってかなり心地良い。ヨガにダンスセラピーにアートセラピーに。習いごとももちろん女。なぜか飽きてやめました。

上記の行動をえて、ある日を境に行動が変わっていったんですね。

 

 

Serendipity

1:ひとりで旅行に行くようになった

母親との旅行、女友達との旅行をやめて、1人旅行だけをするようにしたのです。男性に出会いたかったというよりも、行きたい場所に行ってくれる女友達がいなかっただけなんです。そうしたら、老若男女問わずに旅好きに出会って世界が広がりました。そこで後に親友になるフランス女性と出会ったり、今でも連絡するドイツ人の女性と出会ったり。そして前彼のフランス人と出会ったりしました。そこからひとり旅ばかりするようになったんですね。ひとり旅は世界が広がるし自信がつきます。

2:ひとり飯、ひとり飲みを極めるようになった

女友達べったりの5年の反動なのかな? ひとり飯やひとり飲みを極めるようになった。ひとり飯とかひとり飲みって最初はすっごい楽しいんですね。でも最後には飽きたんです。それが良かったのかな?とも思います。ひとりに飽きたら結婚できた。そういう気もします。ただ、それにひとり飯、ひとり飲みになれると、ひとりでどこでも出かけられるようになるんですね。

3: 新たな場にでかけるようになった

ダンスセラピー、アートなどが趣味で自分が居心地の良い習い事ばかり行っていたら、同じようなジャンルの人ばかりに出会い、自分が狭くなるような感じがしたんです。そして、前々から興味あったバイオテックとか、環境テクノロジー系のイベントとか、エンジニア系のイベント、ビジネス系のイベント、NGO系とかのイベントとかに出かけるようになった。そうすることで自然に女だけの心地よい園を卒業していったんですね。

ポイントは女だけでつるまない、ひとりで行動する

簡単に言うと、母親とか女友達とかとベッタリだと出会いにくいですね。それはそれで凄く楽しいです。馴れ合いで心地良いんです。 出会いが無いと思っている女性っていうのは、心地よい女の園にいたりするんです。そうすると出会いの幅はかなり狭く、自分の世界も狭くなる、そして出会う数も少ない。で、そこそこ幸せなんです。だから思いきって、新たな場にひとりで出かけて良かったと思います。 

Please follow and like us:

言いたい事を言わずに我慢すると別れることになる

昨日上記の書き込みをFACEBOOKでしたら短時間でイイね!が沢山もらえました。意外だけど男性からのイイねもあったのね。短時間で沢山のイイねを貰えた理由は、言いたいことをその場で言わずに我慢していて積もりに積もって爆発するパターンの人が多いんじゃないか?と思うのです。

ひどい場合は女性側が小さな我慢が溜まりすぎて、そして怒りを男性側に伝える前に相手に冷めてしまうパターンなんですよね。男性からしたら?え?沢山我慢していたの?どうして言わなかったんだよ~~、となるわけです。

奔放なお笑い芸人の卵と付き合っていた女友達は、我慢し続け最後にはブチきれ、相手に何も伝えずにシカトで別れちゃいました。

私が女友達から聞いた話なんですが、その友人はお笑い芸人の卵と付き合っていたのですが、その彼が約束の時間を破って、携帯に電話をいれても連絡がつかず、約束の時間には現れないのに夜中に友人の家に来るパターンが続いていたそうです。

でも友人はその彼のことが大好きなので彼の身勝手な行動に怒りもせず夜中に来てくれたんだからいいや、と小さなモヤモヤを心の奥にしまっておいたそうなんですが、お付き合いから半年過ぎたときに約束の時間に連絡も取れない彼に溜め込んでいた小さな怒りが大きな怒りになって爆発してしまい、夜中に彼がきても鍵をあけなかったそうです。

 

anger management II (shadower)

 

そこから友人は彼の連絡をずっとシカト、とうとう彼が友人の通勤帰りを待ち伏せしていたそう。そこで友人は今までの積もりに積もった我慢を爆発させ、彼を責めまくり、で、「もう別れたいから、うんざりだから連絡もしてこないで」と言ったそう。彼はその勢いにビックリ&唖然としていたそうなんですよね。

理由も言われず、シカトされ急に別れることなるって結構キツイよね。奔放で身勝手なお笑い芸人の卵の彼も彼だけど、伝えなかった友人もどうなのかな?と思ってしまいました。だって伝えないと彼はどんどん調子こいて身勝手になる。身勝手になることは彼のためにもならないから、友人は彼のことを考えて伝える方が良かったんだと思うですよね。でも友人は揉めたくないと自分の欲を優先してしまった。2人のこと(=彼と自分の関係のこと)よりも自分のことだけをとってしまったんですよね。それも別れ方もシカトして別れるってちょっと復讐ぽっいよね。

だから小さなことでも溜め込まないで、先送りしないで、その場その場で伝えていかないと2人の関係が後々にやっかいになってしまうことが多いのです。怒りが溜まっていることさえ気づかずにいると、絶望感が心に溜まってしまって2人の関係に「相手に伝えても変わらない、男女の仲なんてこんなもんだ」と諦めを作ってしまうですね。

我慢癖がついていたり、忍耐強い女性も注意です。我慢しないで細かく丁寧に伝えていくことだよね!

これてって男性、女性関係ないんですよね。嫌だなと思ったことはその場でちゃんと伝える。これって細かいことだけど大切なんですよね。

 

Please follow and like us:

シングルで焦っている女性へ!幸せな恋のつかみ方

 

ハロー!このBLOGを読んでくださっている皆さま、今日もありがとうございます。最近ずっとご機嫌なのですが、今日はさらにご機嫌です。何だか波に乗ってい感じがするからです。思い込みかもしれませんが!

何だか良い流れの波に乗っているって感じわかりますか? これって恋愛がはじまる時にもあてはまるんですよね。。男性や彼氏がいなくても人生や仕事に満足している時に恋の流れに乗るんですよね。私の経験ですが、恋の流れに乗うるときは法則があります。

相手に期待や執着がないときに恋の流れに乗れる

30すぎてシングルで恋人もいないと焦る。それの気持ちは良く分かる。でも素敵な恋したいなら焦りは禁物! 焦っている女性は魅力的じゃないし、焦っている雰囲気というのはどんなに隠していても伝わるもの。相手に執着しない時っていうのはだいたい1人でも人生を楽しんでいる時なんですよね。

だからシングルライフをエンジョイするって凄く大切!


 

 

DSCF3571

 バルセロナ旅行で撮った写真。チーズ屋のお姉さん、自分で選んだユニフォームだそう。楽しそうよね。

恋しなくったって結婚しなくったって幸せになれる!

恋人がいなくても結婚しなくても、素敵な友達が周りにいれば人生は楽しい。だから男女問わず一緒に楽しんでくれる友達は凄く大切。友人がいなければ孤立してしまうし、余計に恋すること執着しやすいし、依存しちゃうんですよね。

そして焦った女性の多くが恋愛指南書を読みまくったりするのですが、実は

100%あなたにピッタリなマニュアル本はないのです。

だから恋愛指南書にかかれていることをそのまま実行するのは危険でもある! ある程度のことは学べても、そこに書かれている本質を理解できないと大変なことに。そして焦っているときは恋愛指南書を読んでも、勝手に自分の好きなように解釈してしまったりすることも。

100人いれば100の性格があるように、人それぞれの好みも違うし、されて嬉しいことや嫌なことって千差万別。とくに20代すぎた大人の恋にはニュアル本よりも相手の性格を理解することが大切なるのです。相手の性格を理解するのは難易度が高い、。だからそんなことより一番手っ取り早いのは、恋することや結婚することに執着しないこと。今の自分自身の人生をエンジョイしているコトが大切。

逆説的ですが、1人でもエンジョイしている女性でいると、(私の経験や周りの友達含めて)恋も軽やかに流れに乗る人が多いんですよね!だからシングル女性には焦るよりシングルライフをとことんエンジョイして欲しいな~~と思います。

 

 

Please follow and like us:

「妥協」なんてするもんじゃない!幸せを120%受け取る力

「妥協」なんてするもんじゃない!幸せを120%受け取る力

結婚する前に、
理想の結婚を友人や知り合いにシェアすると、
ハッキリは言わないけど、
「妥協」した方がいいんじゃない的なことを言われることが多々あったのですが、
妥協なんて絶対にしない方がいいです。

妥協しなくて本当に良かった!

私のパートナーは私が描いていた理想の人です。

誠実で
努力家で、
タフで、
情熱的で、
働き者で、
読書家で、
愛情深い。

理想が高いから結婚できないので、
結婚したいなら、
「妥協」した方がいいという意見は
その人の持っている「観念」なんですね。

Happiness (more than 7500 views, thanks!)
Photos by cegefoto

仕事に情熱を持って、
突き進みつづける男性が、
浮気をしないはずがないとか、
収入が高い男性はモデル並みに美しい女性が好きだとか。

観念があると沢山の枠を創ります。

私は理想の男性は存在すると思っていました。
そんな男性は存在しないと思うと、
理想の男性は存在しないという人生を創りあげてしまいます。

観念はたくさんの思い込みをつくり、
人生を味気ないものにしてしまいます。

わがままな女は嫌われるとか、
そういう思い込みがあなたの心を不自由にしてしまう。

苦労しないと、
幸せになれないとか、

思い込みを創ると人生に
諦めをつくってしまう。

理想が叶うと信じて、

どんどん受け取っていいんです!

私は以前、
本を執筆するために、
妻に女を感じないという男性を
何人も取材したことがあるのですが、
彼らは結婚する前に、
どこかの時点で、
幸せな結婚なんて存在しないんだという
諦めで妥協して結婚した男性ばかりでした。

結婚なんて、
こんなもんだ、みたいな諦めと妥協。

「幸せ」を諦めるなんて全然幸せじゃない。
ましてや、
パートナーって一生を一緒にいるわけだから、
絶対に妥協しない方がいいです。

素敵な男性と、
幸せを選択してください。

幸せになるには、
幸せになると決めるだけでいいんです。

そして、
幸せになってる人たちにどんどん出会うこと!

これから結婚される方、
就活される方、

結婚しなくても、
就職しない幸せもあります。

色んな選択肢から、
妥協しない幸せな人生を選択してくださいね。

Please follow and like us:

よくある勘違い「強い女はモテない」は嘘!

よくある勘違い「強い女はモテない」は嘘!

ちょいと前まで私も思いこんでいました。

「強い女は男に好かれない」と。

ある日の夕方、
食事中に、
私がお馬鹿な質問をパートナーにしました。

「猫と私、どっちが可愛い?」

きゃ~、こんな馬鹿な質問してみたかったんです。
夢叶う!

そして、
そんな馬鹿な質問にパートナーは、
私の目も見ずに、
ご飯まっしぐらで、
淡々と答えました。

「猫の方がかわいいけど、
僕は猫みたいな可愛い女の人、好きじゃないよ」

そして、私の中にある無意識に未だにある
思い込みが深いことに気づきました。
今さらながらごめんなさい!

男は「強い女」は好きじゃないという思い込み。

これって何度も何度も手放しても、
また思い込んでしまうですよね。

(男性のみなさん、ひとくくりにしてごめんなさい)

でも、
よ~く見ると私の周りの強い女性は
モテモテだったりします。
しっかり意見を言えて、
男性と対等に話しあい、
自分が前に進んでいくことに迷いが無い女たちって、
けっこうモテモテです。

そしてそんな強い女性たちのパートナーも、
素敵な男性が多いのです。

Women are Farmer
Photos  Md AKHLAS UDDIN 

私がここでいう
強い女というのは、
気性が激しいという女ではありません。

真(芯)の強い女性とは、

自分の感情に責任を持っている女性のことだと思うのです。
そして意見をいうことを怖れない。
コミュニケーションをしていく勇気がある女性。

他人のことで怒ったり、不快だったりする感情は、
自分が選択しているという責任を持ち、
ハートを開きコミュニケーションできる女性のことを指すわけです。

そんな女いないよ、という声が聞こえてきそうですが、
確かに少ない。

だから、
真の強い女性なんて、
なかなかいないので、
モテて当たり前ですよね。

自分の感情に責任をもっている女性で、
しっかりコミュニケーションをとっていく女性は
モテますね。

遠慮せずに、
どんどん強い女を目指して、
強い女でいよう!

■他人から嫌なことをされたとしても、
怒らずに適切なコミュニケーションが出来る人はいるわけで、
他人のせいにして、怒ってばかりいる女性を強い女性と言っているわけではないです。

Please follow and like us:

駆け引きに気づいたらドン引きして一気に冷める理由

駆け引きに気づいたらドン引きして一気に冷める理由

ちょいと昔につきあっていた男性が
いわゆる遊び人タイプだった。

それが何ともわかりやす~い「駆け引き」をしてくるんですよね。
何というか「駆け引き」が自然と身についてて、
自然と「駆け引き」をしてしまうというタイプ。

私ね、「駆け引き」されるとすご~いドン引きして、
どんどん冷めるですよね。

それは恋愛でも、
営業でも。

Photo by Flickr

よく賃貸物件を見た後の担当営業の方で、
「他の方が借りたいっと言っているのですが、
お先に内覧したので、お伝えしなくてはいけないと思いまして」
とか電話がかかってくるのですが、
そういう営業をされると凄いドン引きしてしまい、
あ~、この不動産屋さんにお願いすることはないな~と思ってしまう。
当然、そういう物件はその後もインターネットを通じてみることになるので、
「下手な駆け引きされなければ、
あの不動産屋さんにお願いしていたかもしれないのに」と思ってしまう。

正直に
「借りたいという方は今はいませんが、
いつでもお電話くださいね。お待ちしてます」と電話してくれれば、
私はその不動産屋さんの担当さんに色んなことを依頼すると思うし、
友達だって紹介するのにと思ってしまう。

私にとって、
「駆け引き」は凄いデメリットのある行為にしか見えない。

「駆け引き」がなぜ効果があるのか?
物件でも恋愛でも、「あ、人のモノになってしまう」と思うと、
すぐに契約しなければいけないと思ってしまうからなんだと思う。

なんか賃貸物件ならいいけど、
焦っている人ってどうなの?

または効果があるのは、、
駆け引きマニュアルみたいなのを
読んだ恋愛依存体質の女性が、
恋愛依存体質から抜け出したとかは効果あるのかな?

その場合は「駆け引き」じゃなくて、
相手の望む距離感を創っただけとも言えるかも。

でも、相当高度な駆け引きじゃないと、
インターネットで簡単に何でも検索できちゃう時代は、
「駆け引き」されてると気づくんじゃないかな?

だからある意味、駆け引きは危険なんだと。

私が思うに、
「駆け引き」が効果ある相手って、
あんまりスマートじゃないか、人間の感情のことに興味が無い人なんだと思う。

頭がいい男性とか、
人間の心(=自分の気持ち)に気づきがある男性って、
「駆け引き」されるとすぐに気づいて、
冷めるんだと思うんだよね。

ましてや、
精神的に健全な男性は、
「駆け引き」する女たちにドン引きするんだと思う。

男性で、
「駆け引き」されて、
のめり込んでいく人なんて、
依存体質で精神的に健全とは言えない人なんじゃないかと思うだよね。

だって、
私、「駆け引き」されて、
元彼のこと、凄い冷めたし、
最初は「なんでこんな簡単な駆け引きがバレるって思わなかったんだろう?」
からはじまり、とにかく不思議で。
最後は「彼ってただの馬鹿?」とぐるぐるして、
で、「彼はただの馬鹿」と腑に落ちて、
そしてストンと冷めたんだよね。

冷めるよね~!

分かりやすい「駆け引き」をする
ただの馬鹿と付き合いたくないから。

もう1つに私が思ったのは、
駆け引きをした元彼は、
「駆け引き」されると執着するタイプなんだろうな~とも思った。

だって「駆け引き」されて、
冷める人は「駆け引き」しないでしょ。

パチンコと同じで「駆け引き」されているのに、
やめられないという中毒体質に近いようなそんなタイプ。

だから、
「駆け引き」で成立したカップルって、
どちらも依存で、
どちらも執着体質なんだと思うのよね。

だって健全な心の持ち主なら、
連絡をまともに返してこない相手を信頼できないでしょ。

恋愛で苦しくなって、
恋愛ハウツーにあるような「駆け引き」を実行する前に、
自分自身の執着と依存に徹底的に向き合えばいいとも思う。

そして、
依存している相手に、
正直に、
「私はあなたに依存してる。適切な距離を保てなくてごめんなさい。
依存して執着してて苦しい」と伝えてもいいと思う。

私はそう言った分かち合いをする人のほうが、
「駆け引き」をする人よりも幸せになる確率が高いと思う。

駆け引きでなびく男性よりも、
上記の分かち合いが心に響く男性の方が
精神的に成熟しているから。

そして、
依存や執着は恋でも愛でもないことに気づくこと。
私は今の人生に満たされていないんだと気づくこと。

人生に不満や不安が多いと、
相手に依存して執着しやすい。

だから駆け引きする時間を、
自分の内側に変化がおこるように、
自分自身の依存と執着を手放すことに集中した方がいい。

不幸な恋愛よりも、
幸せで健全な恋愛がしたいなら、
そういったプロセスも必要だと思うから。

Please follow and like us:

多くの恋愛指南書は執着する女性に向けて書かれている

恋愛ハウツー本や、
恋愛サイトなどでハウツー系の記事を読むたびに、
あ~、私も昔は恋愛に依存して、
執着していたな~と感じます。

例えば、
恋愛指南書で有名なルールズは、
恋愛に依存している女性と、
恋愛に執着してしまう女性向けに、
書かれているので、
とても厳しいルールがひかれているのです。

執着している状態の人は、
自分の妄想で生きていたりします。

相手が、
あなたとの恋は無いですよ~と遠まわしな
メッセージを発信しているのですが、
それに気づかない。

執着が強すぎると、
相手のメッセージを、
自分の都合の良いように受け取ります。

私が思うに、

恋愛で一番苦しい状態は「執着」です。

執着を手放せないと、
すごく重い女になってしまいます。

相手や恋愛ということがらに「執着」しているので、
たくさんメールを送ってみたり、
相手の行動をLINEやFACEBOOKでおいかけてみたり。

相手が望む距離感がつかめません。
そこで相手が窮屈に感じてしまい、余計に距離をあけるのです。

執着している女性に、
執着していますよ~と伝えても伝わりません。

angry_woman
Photo by Floyd Brown

だからほとんどの恋愛ハウツー本は、
ルール化して、内面の変化よりも、
行動から変化をおこすように伝えているのです。

あ~、私は「執着」しているんだな~、
依存しているだな~と気づいて、
多くの恋愛ハウツー本を読むと、
そこに書かれている本質のメッセージを掴むことができます。

執着している人って魅力的じゃないですもんね。

執着していると「期待」も大きくなります。
期待が大きい状態は依存している状態なのですが、
自分が勝手に執着して期待し、

期待が満たされないと怒りも大きくなります。

そんな怒ってばかりの人、
周りの人が逃げていきますよね。人が距離をあけてしまうので、
さらに孤独を感じて執着します。

かく言う私も昔はすごい執着体質でした。
 
寂しがりやなのと、
現実逃避願望癖があるので、
恋愛に逃げたくなるのです。そして相手に執着してしまう。

もちろん「執着」しているので、
恋愛してもすぐに苦しくなるのですが、
その「執着」の手放し方がわからずに苦しみ続ける。

ではなぜ相手に執着するのでしょうか?

それは恋愛すると、
幸せになれるという思い込みや、
彼が私を幸せにしてくれるという思い込みが、
そうさせているんだと思います。

その思い込みは、
逃避から来ています。

逃避したいほど、
現実が満たされていない状態なのです。

今が幸せな状態の人は恋愛や片思いの人にあまり執着しません。
今、現在の生活が満たされている状態だと、
執着の度合いが少なくなります。

素敵な恋愛をしたいなら、
まずは今の生活、今の人生を満たされるように生きること。
自分の人生に責任をもって、自分を満たすこと。
「執着」を手放すこと。

そのために
まずは「1人の時間」を楽しめるようになることですね。

Please follow and like us:

パートナーに関心を持つ・愛の反対は無関心

「俺、今、恋愛がしたいんだよ」

「それって不倫じゃないの?奥さんいるじゃん」

「不倫じゃないよ、恋愛だよ」

「何が違うわけ?」

「俺、話しがしたいんだよ」

「奥さんとすればいいんじゃん」

「俺と奥さん、話しがあわないんだよ」

↑本当にあった男友達との会話。

この会話をしたときは、
男友達のこと、浮気性の遊び人と思っていたのですが、
ある日、パーティで奥様を紹介されまして、ドン引きしました。
テンション高く、声も大きく、自分の話しばかりするタイプ。

ただ側にいるだけで疲れるんですよ。

意外に多い「奥さんと話しがあわない」という愚痴や不満

「奥さんと話しがあわない」から不倫に走る男性も少なくないんですよね。


誤解の無いように説明すると、
上記の男友達は、
奥さんのテンションにも課題があったのですが、、
「奥さんと話しがあわなくてつまらない」という中には、
穏やかな女性もいます。もちろん性格の凄い良い女性もいます。

それでも男性が他の女性にはしってしまう傾向としては、

:奥さんに仕事の話ができない
:奥さんに仕事の愚痴が話せない

この2点も男性が他に女性をつくる要因みたいなんですよね。

これってたぶん、
奥さんがパートナーの男性に「関心」を与えていないから起こるんだろうな~
と思います。相手の話している分野が専門分野で全く理解ができないとしても、
相手に「関心」を持って理解しようと聞いているだけで、
感じ方が違ってくるんだろうな~と思います。

Father & Son Talk

あと女性側が男性に「依存」している場合は、

自分の意見が少なくなるので、男性は自分の意見を持っている女性を探してしまう、
ということも少なくないようなんですよね。
例えば野心をもって仕事をしている既婚男性が、
仕事を頑張っている、仕事のプレッシャーなどを理解してくれる女性と
浮気をしてしまうというケースも少なくありません。
(不倫の体験本などを読むとよく出てくるパターンだったりします)
この場合、パートナーの妻が「仕事のプレッシャー」を経験していたなら、
もう少し夫婦のコミュニケーションも取れていたのかもしれないな~と思います。

こういったパートナーとの環境に差異がある場合は、
同じように経験値をあげていくことが大切になってくると思います。

どのように経験値をあげるか?というと、
役職についてたり、責任にプレッシャーを感じているパートナーを
理解するには自分もリーダーシップを取る経験をした方がいいのです。
子供のPTAやグループなどでリーダーになってみる。
地域のコミュニティのリーダーに立候補してみるなど、
時間に余裕があるなら、自分からチャレンジしてみることです。
パートナーが見ている映画や本の趣味が違っていても、
パートナーがなぜこの映画が好きか?と「関心」をもつと、
興味の分野が違っていても、「俺と奥さん、話しがあわないんだよね」とは
ならないかもしれません。

愛の反対は無関心  マザーテレサ

名言だな~と思います。自分の話しばかりしてる人、
そこに他者がいるのに、他者を知ることに無関心なのは、
愛がないからなんだと思います。

自分のことを知って欲しい、褒めて欲しい、
認めて欲しいという強い要求は「愛」ではありませんよね。依存の段階は、
相手に褒めてほしい、認めて欲しい、理解して欲しいという要求が強いので、
男性が窮屈な感じがして、依存の女性から逃げていってしまいます。

逆に、
「自立」の段階の人は、私は私、という態度になりすぎてしまうと、
相手への「関心」を失います。そうするとパートナーがもてないんですよね。

そういう私も簡単に忘れて手を抜きます

ダンナさんが話しをしていることを聞いてないようなんですよね。
私の中では充分に聞いているツモリなんですが、
ダンナさんが時々「かおるは俺の話しを聞いてない」と言って怒ります。
そう言われるので、パートナーであるダンナさんに「関心」をもって
話しを聞きます。そういう日はダンナさんはご機嫌なんですよね。
あ~、面倒くさいな~と思う日も多々ありますが、
パートナーシップとは学びであり、面倒くさいモノであると、パートナーシップの恩師に
教えられているので、面倒くさくても出来る範囲で「関心」を持って話しを聞いています。
「関心」をもってダンナさんの話しを聞いている日は、
あきらかにダンナさんの反応が違うのです。
パートナーシップ面白いですね!
今後ずっと死ぬまでパートナーシップを学びながら実践していきます。

Please follow and like us:

最も最悪なコミュニケーション・「当たり前」の思い込み

30代の頃よりも、今の方がパートナーシップが楽になってきた最大の理由は、
「当たり前」を手放せたことなんだと思います。

私の当たり前は、
他人にとっての「有り得ない」なんだと気づいた時から、
男女関係が楽になってきました。

この思い込みをもっていると、
理解が進まないのは「当たり前」ですよね~。

例えば、
「人生で仕事を優先して働くのが当たり前」という思い込みをもって、
第三諸国に駐在で行くと苦労することが多いそうです。

約束の時間に遅れないで来ることが
「当たり前」の国はそんなに多くはありません。

私はそういう沢山の「当たり前」を持っていて、
自分の「当たり前」は他人の「当たり前」だと思い込んできて、
パートナーとコミュニケーションが全く進まない、
理解ができないコトが30代まで多かったのですが、
最近は私の「当たり前」は他人にとっての「有り得ない」ということが
分かってきたので、コミュニケーションが楽になってきました。

私が実際に体験した最悪なコミュニケーションは、

「当たり前でしょ」「あなたが悪い」「普通は~」
「~べき」という言葉でやりあった時。

もう全く対話が進まない。
理解するというよりも、押し付け合いで対立が泥沼常態化していって、
お互いに精神的にボロボロ。

分かりやすい例だと、
私が20代の女性に聞いた彼氏の不満。

「私の彼は前彼女から貰った財布を使っていて、
私が文句を言うと”捨てるのもったいない”って言って、まだ使っているんですよ。
普通は前彼女のモノとか使用しないでしょ、当たり前でしょって言っても全然わかんないですよ」

この彼女の普通と当たり前は、
彼にとっての有り得ないなんだろうな~と思いました。

その彼にとっては、
まだまだ使用できるものをなぜ捨てなきゃいけない?と不思議なんだと思うですよね。

若いときって、
↑のような「当たり前」とか「普通とか」の
ルールを持っていて、コミュニケーションをするから、
パートナーとのコミュニケーションが難しかったな~と
過去を振り返りながら思います。

PE-044-0235
  写真  jenny279

今は色んな先輩方から、
コミュニケーションの方法を学んで、
「当たり前」を手放して、「○○すべき」を手放して、
私が感じたコトをただ分かち合っています。

相手を責めてしまうことも多いのですが、
気づくのも早くなってきたので、
「今、私はこの体験で○○な感情を感じている」とシェアするようになってきました。

まだまだ自分の中に沢山の「当たり前」がありますが、
気づくたびに手放しているところです。

そうすると、どんどんパートナーと仲良しになっていくから、
不思議です。

歳をとっていくとどんどん楽になりますね。

Please follow and like us:

恋愛をしている脳はパチンコ状態・おすすめ恋愛本と動画

恋愛はコカインのハイ状態より勝ります」


恋愛している状態でいる数名をMRIでスキャンをしたそうです。
恋愛をしている時は脳の報酬系がいつもより活発に動いており、
脳の報酬系は 手に入らないと さらに活動的になるそうです。

恋しているときはおかしくなっているので、
自分で気づくのは難しいかもしれないけど、「今の自分は普通じゃない」
と気づければ楽ですよね。

また女性側が男性の恋愛の初期の行動を「今は普通じゃない」
と気づいていれば、男性が恋愛初期をすぎた後に、
恋愛初期と違ってこまめに連絡がこなくなっても不安にならないですよね。

私のお気に入りの恋愛本です。

Tweet

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)