セックスレス・夫が拒否の場合~完璧すぎる妻に心休まらない~

「セックスレス・夫が拒否シリーズ」第3弾です。

 

セックスレスについて取材した際に男性側からの意見で「妻が完璧すぎて疲れる」という意見がありました。 その中でも印象的なMさんのこと。

 

妻は僕に比べて出来た女なんです。そう切り出したMさんは自信がなく、 ちょっと弱弱しいタイプの男性に見えました。

 

東京から約1時間半の場所に住んでいるMさんは工務店の営業職。 穏やかな物腰がきっとお客さんに受けるのかな~という感じ。

 

Mさんが言うには妻も同じような営業職をやっていて、 営業成績がかなり良く収入もMさんよりも多いそう。

そんな妻はMさんがお客さんの愚痴や会社の愚痴を言おうもんなら、 「愚痴は運気が下がる、愚痴は陰気の元」と一喝するそう。

かつちょっとした喧嘩でMさんが怒ろうもんなら、 「大人の男が怒るなんてみっともない、自分の怒りは自分が原因」と冷静に一喝。

 

fight

 

話を聞いて同情するものの、なんか可笑しくて笑ってしまった。 「いるいる、正論ばかり言う人、ぶっちゃけ疲れるよね」と私が笑いながら言ったら、 ちょっとびっくりしたようなMさんはホッとして「荻原さんでも疲れますか?」 と聞き返してきました。

「いや、かなり疲れるね、そんな正論ばかり言う女友達も嫌だね~」と言うと、 「いやホッとしましたよ~」とMさんは笑顔がでた。

 

確かに愚痴ばかりを言われてもキツいけど、 自分の大切な人の愚痴や弱い気は受け止めたいな。

 

「そんなこんなで愚痴や弱音がはけないもんだから、妻と一緒にいるのがキツくなりはじめて、 で、家に帰るのが遅くなり、遅くなってもまたまた正論で言われるもんだから、さらに嫌になって、 気持ちももう全然ないし、子供がいるから離婚しませんけど、 もう二度とセックスなんてしたくないですね」

 

で、妻は求めて来ないのだろうか?

「直接は言って来ませんが、あの手この手でセックスしたいような雰囲気はかもしだしますよね」

 

なるほど妻の方は夫がかなり妻に不満たまり、 あげくに気持ちまで離れているのに気づいてないんだね。

 

 

「で、パートナーにはあなたの共感がない部分がキツい、弱音も吐けない家が休まらないし、 そのことでどんどん気持ちが離れてる、と伝えたことはあるのですか?」と聞いてみたら、 「確かに僕がある時点で妻にハッキリ気持ちが離れている理由を言えば良かったのでしょうが、 もう正論で愚痴を一喝された怒りで話したくなくなるんですよね」

 

「妻の厳しい一喝に対して無言の復讐とセックスレスという復讐が行われているのですね」 そう言うと苦い顔をしたMさんが印象的だった。

どうやら「安らぎ」や「共感」や「甘さ」が無い場所にはセックスがなくなっていくようです。

 

 

 

Please follow and like us:

世界でイチバン有名なアゲマン・ミィシェル・オバマ!

最近の私たち夫婦の関心はアメリカ大統領選とまだまだ若いオバマ大統領が引退した後に何をするかで盛り上がっています。オバマ大統領の今後にワクワクしていると同時に、もしト間違えてトランプが大統領になったらどうしようと不安になる時もありますが….。

私とダンナが出会った最初の日に盛り上がった話題の一つにオバマ大統領の話しがありました。私もダンナもオバマ大統領の大ファンなのです。キューバ国交、国民保険、同性婚など、オバマさんが次々にアメリカを改革していったのは本当に凄いことだと思います。デートの初日にオバマ大統領の話しで盛り上がれて良かった。結婚生活1年目でも色んな話題にコト欠きません。Vivaダンナです!

[Widget_Twitter id=”1″]

ダンナはオバマ大統領が大好きですが、私はミィシェルオバマの大大大大ファンなのです。実はオバマ大統領のイチバン凄いところはミィシェルを口説いて妻にしたことじゃないかと思っています。ミィシェルオバマは今、世界で一番有名なアゲマンです。今後もしかしたら、ミィシェルが大統領になる日もあるんじゃないかとワクワクもしています。

今日は私の趣味の押し付けでミィシェルオバマがいかに素敵なあげまんなのかを紹介していきます。

1:ミィシェルはオバマ大統領の指導役でもあり上司だった

米国で6番目に大手の弁護士事務所にインターンに来たオバマ大統領の指導役だったのがミィシェル。ミィシェルに惹かれたオバマ大統領がデートに誘うも断るミィシェル、引き下がらないオバマ大統領に兄とバスケットをすることを提案。その理由はバスケットをすることでその人の人柄が全て見えると両親から教えられてたそう。素直にミィシェル抜きで兄と指しでバスケットをする時点でオバマ大統領のガッツが凄いですけどね!

2:大手有名弁護事務所をやめて慈善活動へ

ミィシェルはバリバリのキャリアウーマン!見た目からもザ・働く女性っていう感じなのですが、大手弁護士事務所をやめて社会奉仕プログラム「パブリックアライズ」の立ち上げにかかわり局長に就任。過去最高額の資金調達という快挙をなしとげちゃう優秀な女性。ハイキャリア街道間違いナシの道をすてて、慈善活動に進んだのは「自分だけでなく周りを幸せにしたかったから」だそう。 シンプルですが深いですよね。自分の幸せの次は周りにも幸せを分かち合いたくなるもの。でもそれには本当に幸せじゃなきゃ続かない。だからでしょうか?最近のオバマ大統領には疲れが見えますがミィシェルは常にハッピーオーラ・ご機嫌な感じです。

3:オバマ大統領が貧困層救済活動をし、人権弁護士になったのはミィシェルの影響?

母方、父方ともに割と裕福な家庭でそれなりに余裕のある生活をしてきたオバマ大統領が、貧困層救済活動と人権弁護士になったのはミィシェルの影響もあったと思われます。というのもミィシェルはシカゴの貧困街出身で貧困街育ち、人種差別、貧困問題、ジェンダー問題にも大学時代から取り組んでいたから。同じ時期にオバマ大統領も違う場所で社会奉仕をしていたのですが、地域貢献型です。一方でミィシェルの方向性は大学時代からかなり具体的。同性婚、女性の権利、貧困などはミィシェルの方が大学時代から取り組んでいたので、ミィシェルの影響は否めないなと思っています。

4:夫の大統領選と子育てで仕事をやめ、夫の大統領選をサポート

スーパーキャリアウーマンだったミィシェルですが、夫の大統領選を支えるために休職をしています。それは仕事を諦めたというわけでなく、オバマ大統領のビジョンはミィシェルのビジョンでもあったからだと思うのです。共にビジョンを叶えているわけです。貧困層改善、人権問題、医療問題、同姓婚などの改革はミィシェルのビジョンでもありました。また大統領選の時にオバマ大統領が参加できない討論にミィシェルが参加。アメリカの医療問題をずばずばとかっこよく議論していた姿をみたときにミィシェルすげ~~と感動したのは今でも覚えています。

4:夫婦の関係を大切にするために家庭のリーダーシップをとるミィシェル

大統領選挙活動で激務になる夫・バラクオバマに2人の娘と家庭のために、「一晩中家に帰らないのは週に一日のみ、選挙運動は一週間に二日のみで、二日目の夜には家に帰るという約束」をさせたとのコト。またオバマの大統領選でミィシェルがオバマの代わりにスピーチをしサポートすることでオバマのタバコをやめさせたそう。強い愛情を感じますね。大統領に当選した後も2人でデートの時間をとること、夜には家族と一緒にホワイトハウスでご飯を食べることを約束させたりと夫婦のリーダーシップをとっています。大統領である責務からどんどんハードワークにならないようにプライベートも充実するようにしているんですね。

5:新世紀型ファーストレディのヒップホップダンス!

ミィシェル大統領がでて来る前に私の中でアメリカのファーストレディは強いな~~と最初に感じたのはヒラリークリントン。今でも鮮明に覚えているのがクリントン大統領の不倫謝罪の記者会見のときに凜とした強さで傍に立つヒラリーの姿。

ヒラリーがクリントンの不倫に毅然とした態度で対応していなければクリントンは辞任していたでしょう。がそんなヒラリーの凄さを更新してしまったのミィシェルのダンス!ミィシェルが私の記憶をアップデートしてしまったのです。それもすごいノリノリのヒップホップダンス。ダンス最高に上手い、ダンサー並みです。

ちなみにこの番組のエレンペイジは同性愛者をカミングアウトした実力女優ですが、トークもエッジがきいて凄いんですが、ミィシェルも負けてない。ジョークもきりかえしも面白い! こんなユーモアたっぷりなファーストレディはミィシェルだけ!スカートに上品なヒール姿というアメリカのファーストレディのイメージを塗り替えました! 

長いので3分すぎたところから見てください!最高にリズムに乗ったダンスです。

こんな凄いダンスのできる最強妻、ミィシェルのサポートを受けたオバマ大統領がその次に何をするのかワクワクしますよね。そして子供達が大きくなったミィシェルの今後も目が離せません。

夫のビジョンを明確にし、サポートし、夫婦関係でリードし、ヒップホップでアメリカの健康を改善を訴えるミィシェルはマドンナ以降の私のヒーローになりました。ミィシェルから私たちへのメッセージが聞こえてくるようです!「女たちよ、強く、たくましく、寛大であれ、面白く、ユーモラスに、そして楽しむことよ」ってね。私もこのダンスのようにリズムにのってノリノリなアゲマンでいたいな!

Please follow and like us:

男性がアナタに性的魅力を感じない理由②

今から10年ほど前にバリに旅行したガイドさん(バリ人)と夫婦生活の話しになり(なぜか私は職業を言わなくても、みんなそういう話しをしてくれるんですね)ガイドさんちは子供が2人、結婚生活14年目で妻はガイドさんと性行為をしたいのだけど、ガイドさんはしたくないと言うのです。

[Widget_Twitter id=”1″]

なんでもガイドさんが言うのは1日の仕事が終わって帰って、子供たちと夫婦でご飯を食べて、寝るときに寝室に入ったとたんに妻は求めてくるそう。でもガイドさんはその気になりません。なぜだと思いますか?

妻はセックスだけをしたいみたいけど僕は夫婦で話しもしたい。最初に会話を楽しみたいのに妻は話しを聞いてくれなし、話しもしないでセックスだけするのは全くロマンチックじゃないからその気にならないんだ。

 

なるほど!そこで私の点と線が繋がったのです。確かに男が抱きたくない女性のタイプには自分だけ話をするタイプというタイプがいて、男にモテる女性とは容姿関係なく話しをよく聞く聞き上手というのがあるんですね。

男性は日常的に話しを聞いてもらえてないと感じるとその女性を抱きたくなくなる

ぶっちゃけ男でも女でもそうですがKYというか自分だけの話をしている人は嫌われるし、周りにウンザリされてしまいます。聞き上手というのは聞いてふりだけではありません。人間って何となくこの人は聞いてくれるし理解してくれているな~~と感じる能力があるんだと思うんですね。

自分の話を聞いて理解して貰えていると感じると男性は心が開いて抱きたくなるんだと思うんですよね。

外ではダンナは無口に思われますが、うちのダンナはうちではよく話します。というのはダンナは人の話をよく聞くのです。外で聞き役の分、家では聞いて欲しいというニーズがでるようです。私は女なので女友達とぺちゃくちゃしているので話す欲求は外で満たされていますが、男性同士だと女性のように目的なくぺちゃくちゃは出来ないようです。だから家では話しを聞いて欲しいんですね。

sket bot loves chatty bunny's stories

 

男性があなたに愚痴を言うのはあなたを信頼しているから。愚痴を聞いて貰えなくなったら愚痴を言える女性を探してしまう。

ちょいと昔に男友達が「俺、恋愛したいんだよね」と言ったので、「奥さんいるじゃん、それって不倫じゃん」って突っ込んだら、「俺は話がしたいんだ」と言い返してきたのです。

どうやらその男性の考えでは不倫=セックスで、恋愛=会話と思っているようなんですよね。でもそれってよく表しているな~~と思うのです。恋愛=会話(この場合は会話というよりも話しを聞いて欲しい欲求)ということは、会話を大切にしていればいつまでもトキメク関係であるってこと。それだけ話しを聞くって大切なんですよね。この話しを聞いて欲しい欲求の中には普段同僚や男同士の関係では言えない愚痴も含まれます。愚痴をずっと言われるのも困り者ですが、少々の愚痴なら愚痴をしっかり聞く。これはラブラブ夫婦の秘訣でもあります。

夫婦の会話しっかり取れていますか?愚痴ちゃんと聞いていますか?相手の会話の引き出しをひいていますか?いつも家にいて会話が無かったけど2人で飲み屋に行くようになって酔っ払うようになったら彼が本音をいうようになって会話が増えたという方もいました。飲みに行って酔っ払う方法もアリかもね♪

あなたのお悩みを受け付けています。お答えできるのはこのBlogでお答えしていきますね。相談はコメントかメールogiharakaoruアットgmail.comまで!

 

Please follow and like us:

裸で居間を歩くのは平気だけどセックスは恥ずかしい!?

いつも読んで頂きありがとうございます。このBLOGにいつも感想を書いて頂いているありがたい読者の方から感想をもらました!読者から感想や相談を貰うと全部にはお答えできないのですが嬉しいです♪

 

うちもかなりのセックスレスです。それで不妊治療に行ってるって正直誰にも言えません。大切なことなのについつい後回しになってます。ただ、私達の場合、私もですが、なんだかもうその行為自体が恥ずかしくなってしまってるところはあります。一緒にお風呂に入ったり裸でリビングを歩いたりするのは全然大丈夫なのですが、逆に恥じらいがなくなりいざそのこととなると急に恥ずかしさ出てしまう。まさかこんなことになるとは思いもしませんでした。いつもこんな誰にも言えない話をしてしまいすいません

 

 

裸でリビングを歩けるのに行為自体は恥ずかしい!?実は付き合いが長くなり、相手と自分が家族になるとセッ●ス自体が小っ恥ずかしくなった夫婦のご相談は少なくありません。意外に沢山いるんです。

 

裸を見られるのは恥ずかしくないのに、パートナーとの行為が恥ずかしいってどんな心理だと思いますか?

私が思うに2人の仲に競争が起きていると思うのです。男女間の競争とは、わたしの方が正しい、とか、あなたよりも私の方が優秀とか、そんな感じです。とにかく相手には絶対に負けたくないと思ってんですよね。そして性欲に蓋を閉じてしまうのです。セッ●スのニーズがある方が負けた感じがするので、性欲を抑圧するのです。そうすることで負けないようにしている。競争をしていると自分の心や欲求に素直になれません。

もちろん初めてセッ●スをした時や, 付き合いはじめはセッ●スするのはドキドキして恥ずかしいもんですよね。私でも始めてのセッ●スや付き合いはじめは恥ずかしいもんです。でも上記の付き合いが長くなってセッ●スが恥ずかしいという感覚は付き合い始めの恥ずかしい感覚とは全く違います。

なんというか、優秀で熱血で強い上司が部下に弱さをさらけ出すのが恥ずかしい、そういうような恥ずかしさです。そこには見栄や、意地、頑固さ、競争、劣等感がいりまじっています。上司は常に部下より強く、部下に慰めてもらいたくなんて無いみたいな感覚です。 (もしかしてこの例えでさらに分かりにくかったりして~~。上手く例えができなくてごめんなさい)

パートナーと競争していると素直になれなくなります。自分の弱さ、甘えたい心、ニーズ=自分がパートナーにして欲しいこと、などを見せなくなります。そして2人は競争しているので、2人の間に距離をつくるのです。セッ●スは親密感のバロメーターなだけでセッ●ス自体は重要なことではありません。  セックスとはリトマス試験のようなもんでもあるのです。

男性に日常的に弱さを見せないで心を閉じると男性はあなたに性的魅力を感じません。

Couple @ Markthalle

さらに親密になる怖れがおきている!

パートナーとの関係が長くなり、信頼関係が深まれば深まるほどセッ●スに距離があくカップルは珍しくないんですね。今よりももっとパートナーと親密になって失ってしまったらどうしよう?という怖れなどがあると、パートナーと距離をあけるようになります。

2人の間に競争と親密になる怖れがあるとセックスするのが小っ恥ずかしくなるんだと思います。

これを読んで、そうかも~~と心当たりがあるのなら?まずは競争していることを完全に認めて楽しんでしまうのもアリかだな~~と思います。

私とダンナも簡単に競争します。例えばダンナが自分のした良い行いをした話しを聞いても私は全然ダンナを褒めたくありません(笑)何かムカつくのです。で、ダンナは「どうして褒めてくれないの?」というような事を遠まわしに言うと、正直に「あなたを褒めたくないんだもん」と言ったら、ダンナも笑いながら「俺もかおるを褒めたくない」と言ったりします。で、「わたし、あなたと競争してんだもん」と言ったら、ダンナも負けずに「俺も~~」と言った後は2人で爆笑してしまいました。だから競争していることを認めてそんな自分を受け入れてしまうのもアリですよね。

競争しているコトを認めて競争をすると馬鹿らしくなってくるから不思議です。私はダンナに私はアナタと競争している宣言をしてから、2人の間で競争が起きるとすごい爆笑がおきるのです。コメディです。何とも馬鹿らしくなるから不思議です。

小っ恥ずかしいセッ●スを2人でどう乗り越える?

まずは家の中を裸でうろうろするのを止めてください(笑) せっかく小っ恥ずかしいならとことん小っ恥ずかしいなって、小っ恥ずかしいさを感じながら興奮するといいと思うんです。 小っ恥ずかしいプレイです♪

そして日常的にスキンシップを取り続けるコトで小っ恥ずかしい感覚は少しは減ると思うんですよね。

普段からキスしたり触りあったりするのは大事ですよね。それでも恥ずかしいならしょうがない。小っ恥ずかしいを受けいれるしかないですよね。

恥ずかしさを乗り越えたセッ●スは結構な快感だと思います。小っ恥ずかしい感覚を利用して新鮮さを取り戻すプレイもいいんじゃないかな。恥ずかしいよ~~と声に出したり伝えてみてもいいかも。あとホテルや小旅行するのもおススメです。さらに親密になることも怖れずに夫婦のセッ●スをエンジョイして下さいね。

相談や感想があればメールまたはコメント欄でお書きください。このブログで取り上げながらお答えできるのはお答えします。 相談メールや感想はogiharakaoruアットgmail.com まで!

Please follow and like us:

排卵日に性行為をすると後々セックスレスになる確率が高い?

突然ですが、あなたの性生活に問題が起きたとして…..、セッ●スの相談をぶっちゃけで出来る友達や知り合いいますか?

これって実はすごーーーーーーーーく大切なんです。

なぜならセッ●スの相談までできる友人や知人は何でも相談ができるからです。セッ●スの相談ができれば何でも相談ができるってこと。それは友達に見栄や恥をかなぐり捨てて付き合っているってことだから。

長らくの性生活にかかわる仕事をしてきて思うのは、結婚する時って2人がレスになることなんて疑いもしないんですよね。でも私の周りでは結婚して長年たった夫婦はレス夫婦の方が多かったんです。だからレスになる確率は凄く高いな~~と思っていたわけす。そこで相談できる人がいないとどんどんレスの課題に蓋をして後回しにしていってしまう。でも長らくセッ●スをしていない夫婦がセッ●スを取り戻すのはとても大変なのです。

セッ●スの相談ではなくて、セッ●スの相談まで出来る友人や知人を持つことは人生のギフトだな~と思います♪特に女性は結婚すると自分の女友達との付き合いが疎遠になりがち。だから女友達との関係も大切にしたいと思っているんです。それは私のダンナのためでもあると思っています。

そうは言ってもセッ●スの相談をするのは勇気いりますよね。だから今日は私が取材した男性たちの本音をシェアしますね。

私が2011年に出版した本「いつまでもメイクラブする方法」ではありがたいことに沢山のセックスレスの女性や男性に取材をさせて貰いました。

なぜレスになってしまうんだろう?長年の疑問が色んな人に取材をして男性が女性を抱きたくない理由が見えてきました。

今日は男性がパートナーに性的魅力を感じなくなる代表的な理由Ⅱをシェアしますね。

男性は排卵日セッ●スをしてしまうと産後の妻に性欲を感じなくなる

男性のセッ●スは能動的。セッ●スする為には男性側は性欲を感じて、そして勃起をしなければいけません。これが自然の流れなのですが、、排卵日セッ●スに性行為をしなければならないとなると、楽しいハズの性行為が仕事のように義務を感じてプレッシャーだそう。そして何とか勃起をするように頭の中で色々考えて頑張るのだそう。

「排卵日は朝からプレッシャーだった」という男性が結構いたのです。ちゃんと出来るかな?家に帰りたくないな、そう思うのだけど、愛する人の子供が欲しいという妻の気持ちも分かるから、自分の心の声をかき消していたと言うのです。そして妻が妊娠するとプレッシャーから開放されて嬉しかったというのです!ビックリしたのは男性がその気持ちをパートナーである妻に伝えてないことでした。 なんと取材している途中に自分の気持ちに気づいた男性も多かったのです。それくらい男性は自分の気持ちに気づくのが苦手なのかもしれません

で、排卵日セッ●スでのプレッシャーが頭の中に刷り込まれてしまい、妻に性欲を感じなくなるようでう。妻とのセッ●ス=重労働というイメージができてしまっているんですね。自分がEDになったのではないか?と心配で風俗に行って確認したという男性もいました。風俗では自然に勃起をしたので、これは排卵日EDになったのだと気づいたそう。

 

Too Much Pressure...

 

排卵日のセッ●スだけを特別視しないこと

排卵日は絶対にセックスするべきと女性が意気込めば意気込むほど男性が萎えてしまうみたい。だから排卵日だけを重視せずに日常のセックスを楽しむように女性側から工夫する必要があるかもしれません。男性がプレッシャーを感じずに自然な流れで勃起ができるような雰囲気づくりをしていくことが大切かも。

もし排卵日セッ●スであなたのパートナーの性欲が喪失しているようなら!

定期的に子供を預けて2人の時間を創ってデートすることをはじめることをおススメします。まずはセックスする期待を手放して、ラブホテルでセクシーなDVDを見るのもいいかもしれません。パートナーにセクシャルな時間を妻側がプレゼンテーションする意気込みが必要になります。セクシャルな時間をプレゼンしてもセックスの期待は持たないこと。そうやってゆっくり回復していったカップルも多いです。

 

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)