「手放せば転機が訪れる」講演会から学ぶこと。


どうしてだろう?周りの人を見渡しても共同体としての夫婦は機能しているけど、夫婦として幸せそうな人はほとんどいない。セックスなんてしてない夫婦が当たり前。そんな結婚生活なら絶対に嫌だ。妥協なんてしたくない。そう思って夫婦関係が健全な人を探しつづけた。一通りカウンセリングジプシーをして出会ったのが栗原弘美さんの講義だった。そこから私の人生は一気に変わった。見方も変わった。今や私の周りで男女関係で幸せでいつづけて人たちは弘美さんから講義を受けた人だけだ。それ以外で周りで結婚生活が健全でセックスも楽しんでいる人なんてほとんどいない。

幸せな結婚生活を維持するのは秘訣があることを知らなかった。誰からも教わっていないのに、幸せな結婚は自分ひとりで維持できると思い込んでいた。

 

先日、久しぶりに弘美さんの講演会に行ってきた。たった1時間半の講演だったけど内容がかなり深かった。

講演を聞いていて、あ~、本当に弘美さんに出会ってよかったと実感した。だって幸せな結婚を体現して教えてくれる人なんてほぼいなかった。そして三角関係についても具体的に話してくれる人なんていなかった。なぜ幸せな結婚生活が送れないのか?それはオリジナルの家族が機能不全(機能不全家族wiki)だったからと、自分の体験を踏まえて話してくれる弘美さん。

 

IMG_20160213_153730

 

昔の私なんて幸せな夫婦なんてあまり見たこと無いのに、その方法も誰からも教わってもいないのに、なぜか漠然と幸せな家庭がつくれると思い込んでいたよ。で、誰にも教わっていないから、すぐに仮面夫婦になって離婚したよ。

幸せな結婚をしたいなら師を持つこと

そこから私は弘美さんにたどりついた。幸せを諦めたくなかったから!

そしてダンナと今月で結婚一年目、一緒にいる時はほぼ毎日セックスした。幸せな結婚生活について教わったから、今、すごく幸せ。 もしかしたらこれから課題がでてくるかもしれないけど私には師がいるから大丈夫という安心感がある。昔と違って1人で悩みを抱えることを手放したから。

 

実はほとんどの人の家族が機能不全家族(機能不全家族wIkI)なんじゃないかと思っている。健全で成熟している家族の方が凄く少ないのに関わらず、私たちは家族の課題と向き合わずに、何となく大人になり結婚してしまい表れ方は違うけども、結局は機能不全な家族を創ってしまうのだと思う。結婚生活が上手くいかなくなっても、自分のオリジナルの家族と向き合うことなく、浮気に走るか、ハードワークに走るか、離婚するかが一番多いパターンだと思う。

自分の両親との間の未完了な感情を手放す、自分のパターンを手放す、そこから転機は訪れる。それは私が実際に体験したこと

オリジナルの家族のことに本気で取り組むのにはガッツがいる。自分の人生を振り返り小さなトラウマを癒していく作業は簡単なことじゃない。それでも未完了の感情を手放して、自分の最悪なパターンを手放して、癒しに取り組んだ先には幸せがある。それを選択した人生の先輩たち(弘美さんとその弟子たち)を見ていると本気で取り組もうと思えた。なぜなら人生の先輩たちの結婚生活がすごく幸せだったから。

相互依存のコンセプトを知っているのと知らないのとでは人生が全く違う

講演会が終わったあとに幸せな結婚をしている友人たちと「相互依存のコンセプトを知っていて本当に良かったよね」と言い合った。これこそ学校の授業で教えるべきことだと本気で思っている。

 

 

相互依存ってなに?デッドゾーンってなに? そんな難しいこと、私じゃあ教えられない。とって~~も簡単に説明すると相互依存にいくために大切なことは自立を手放すコト。コントロールや競争や色んなモノを手放すこと。そうするとその先に相互依存がある。自立が良いと教えられてきた私には”自立を手放せ”なんて衝撃だったよ。

 

 

自立を手放せば、その先には素敵な世界が待っている!私は今それを凄く体験しているのです。自立を手放して感情を感じて、未完了な感情までも手放せて本当に良かった。まだまだ自立を完全に手放したわけじゃない、だからこれからも色んないらないモノを手放し続けたい。

  「手放せば転機が訪れる」絶賛発売中です。 栗原弘美さんのブログはこちらから

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Enjoy this blog? Please spread the word :)